Oisix(おいしっくす) DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】 HP Directplus オンラインストア DHCオンラインショップ

 連鎖的脂質過酸化反応   
 1.連鎖的脂質過酸化反応とは
 活性酸素による過酸化脂質の生成は、連鎖的に行われると考えられています。

 つまり、生体内で、細胞膜などに存在する脂質(LH)は、活性酸素のヒドキシルラジカル(・OH)により、電子を奪われて不対電子を持つようになり、水素原子を引き抜かれると、脂質ラジカル(L・:アルコキシルラジカル)になります(連鎖開始反応)。
 生成された脂質ラジカル(L・)は、酸素分子(O2)とすみやかに反応して、脂質ペルオキシルラジカル(LOO・:アルキルペルオキシルラジカル)となります。
 脂質ペルオキシルラジカル(LOO・)は、他の脂質(LH)と反応して水素を引き抜き、自らは脂質ヒドロペルオキシド過酸化脂質:LOOH)となり、同時に、新たに脂質ラジカル(L・)が生成されます。
 この脂質ラジカル(L・)が、酸素分子(O2)と反応して脂質ペルオキシルラジカル(LOO・)となり、他の脂質(LH)と反応して、過酸化脂質LOOH)と新たな脂質ラジカル(L・)が生成される反応が、連鎖的に繰り返されます。
 このようにして、活性酸素のヒドロキシルラジカル(・OH)により生じる脂質ラジカル(L・)が、他の脂質(LH)と反応し、過酸化脂質(LOOH)になり、新たなる脂質ラジカル(L・)が生成される反応は、連鎖的に続くので、連鎖的脂質過酸化反応と呼ばれています。

 脂質(LH)としては、二重結合のある多価不飽和脂肪酸が、酸化を受けます。

 連鎖的脂質過酸化反応は、細胞膜で起こります。
 キサンチンオキシダーゼ(XO)によって産生されるスーパーオキシド(O2-は、水溶性ですが、疎水性の細胞膜内奥の脂質不飽和部に、連鎖的脂質過酸化反応を引き起こすとされます。
 その機序は、スーパーオキシドが、まず、3価鉄の鉄錯体(Fe3+-Che:特に、Fe-NTA)を2価鉄の鉄錯体(Fe2+-Che)に還元します。そして、2価鉄(Fe2+)は、 細胞膜表面にごく僅か存在する過酸化脂質(LOOH)を、(脂質)アルコキシルラジカル(LO・)とヒドロキシルラジカル(OH・)に分解します。これらが、細胞膜内に潜り込んで、細胞膜内奥の脂質不飽和部と反応して、水素を引き抜き、連鎖的脂質過酸化反応を誘導すると考えられます。

 体内では、過酸化脂質(LOOH)は、生成された部位から血流により、他の部位に運ばれます。
 なお、糖尿病など増加する、糖化蛋白は、鉄とキレートすると、脂質を酸化させます。
 ビタミンEなど抗酸化物質は、活性酸素による連鎖的脂質過酸化反応を停止させます。

 2.抗酸化物質のビタミンEによる、連鎖的脂質過酸化反応の停止
 
ビタミンE(VE)は、脂質ペルオキシルラジカル(LOO・)に電子と水素を供与して過酸化脂質(LOOH)にして安定させ、自らはビタミンEラジカル(VE・)になります。
 この反応で生じたビタミンEラジカル(VE・)は安定していて、反応性が低いために、他の脂質(LH)と連鎖的に反応を続けることは、少ないと考えられています。
 ビタミンEラジカル(VE・)は、ビタミンCから電子を奪い、還元され、再生します。
 また、このビタミンEラジカル(VE・)は、もうひとつの脂質ペルオキシルラジカル(LOO・)と反応して、VEOOLになり、安定すると言われています。

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO