GREEN DOG【厳選ドッグフードお試しセット】 GREEN DOG:ルンバ 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
 1年で、こんなに大きくなる
 写真で、上の小さいのが、今年、産卵されて、オタマジャクシから変態した子ガエルです(胴長6mm)。
 下の、大きいのが、昨年、生まれ、冬眠させて、越冬させた、ヒキガエルです(胴長67mm)。なお、冬眠は、昨年、11月に、家の外の土の中に埋め込んだ飼育ケースの中に入れて、4月初めまで、越冬させました。
 昨年、陸に上がった時は、上の子ガエル程の大きさしか、ありませんでした。1年で、約10倍の身長になりました(体重は、100倍でしょうか?)。
 親になると、150mm程度の大きさのヒキガエルもいますので、まだまだ、大きくなります。

 ヒキガエルは、日本の在来のカエルの内では、もっとも大きい種類のカエルです(地方によっては、アメリカから来た、ウシガエル、別名、食用ガエルという、もっと大きくなるカエルも住んでいます)。
 ヒキガエルは、トノサマガエルなどの他のカエルより、オタマジャクシの時代は小さいのが、特徴です。
 しかし、オタマジャクシから、変態してカエルになるまでの期間は、他の種類のカエルに比べて、短いようです(先に産卵された、他の種類のカエルのオタマジャクシの方が、足が生えるのが遅い)。
 小さく産んで、早くカエルに変態し、大きく育つのが、ヒキガエルの生き残り作戦のようです。

 なお、標高が高い山地での産卵時期は、平地より1カ月以上、遅れます。
 標高が高い産地で産卵するヒキガエルのオタマジャクシの方が、平地で産卵するヒキガエルのオタマジャクシより、成長が早い印象があります(エサや水温により、成長に要する期間が違ってしまうので、断言は出来ません)。

 1匹のヒキガエルの雌は、2000個以上の卵を産卵するそうです。
 しかも、12月の初めから、翌年の4月の初めまで、約4カ月間、冬眠した後、冬眠から覚めた直後に、産卵します。
 冬眠中は、絶食していたわけですから、ヒキガエルの生命力は、驚異的です。

 私の檀家の御寺の池には、毎年、沢山のヒキガエルの卵が産みつけられます。
 成長した沢山のオタマジャクシが、空気を吸うために、水面を垂直の姿勢で、身動きできずにひしめいて泳ぐ姿は、地獄の様相です。

 これだけ沢山のオタマジャクシが産まれても、親になるまで成長できるのは、わずかだと言われています。
 自然の掟は、厳しい。

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO