DHCオンラインショップ香るブルガリアンローズ 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART Oisix(おいしっくす) DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】

 抗リン脂質抗体症候群

 血漿中のリン脂質結合蛋白である、β2-グリコプロテインI(β2GPI)は、リン脂質のカルジオリピン(CL:cardiolipin)の陰性荷電に結合し、リン脂質依存性の凝固反応を抑制する。
 抗リン脂質抗体症候群(APS:antiphospholipid syndrome)では、β2GPIに対して、自己抗体(抗カルジオリピン抗体として検査される)が産生される。
 
 抗リン脂質抗体症候群は、下記のような症状を来たす。
 ・動・静脈血栓症
 ・習慣性流死産
 ・血小板減少症

 抗リン脂質抗体症候群は、全身性エリテマトーデス(SLE)などの自己免疫疾患に合併することが多いが、原発性のこともある。

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO