Oisix(おいしっくす) DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】 HP Directplus オンラインストア 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

 好中球エラスターゼ
 好中球エラスターゼは、炎症の際に好中球から放出され、微生物、異物を分解し、生体を防御する。しかし、好中球エラスターゼは、自己の組織を障害する恐れがある。
 
 1.好中球エラスターゼ
 好中球エラスターゼ(elastase)は、分子量が約3万の中性プロテアーゼであり、アズール顆粒(ライソゾーム)に存在する。
 好中球エラスターゼは、生理的状態では、好中球内で、貪食した細菌や異物を、消化、分解し、好中球外では、エラスチン、コラーゲン(III型、IV型)、フィブロネクチン、免疫グロブリン、血液凝固第XIII因子などを分解し、組織生合成を調節する。
 好中球エラスターゼは、病的状態では、生体の構成成分、例えば、弾性線維、プロテオグリカン、膠原線維、アンチトロンビンIII、α2-plasmin inhibitorを不活化する。好中球エラスターゼが、アンチトロンビンIIIのへパリン結合部に作用して、アンチトロンビンIIIを不活化させると、DICを引き起こす。
 好中球エラスターゼは、血液中では、protease inhibitor(α1-protease inhibitor、α2-macroglobulin、inter-α-trypsin unhibitor)と結合している。

 好中球から放出された好中球エラスターゼは、血液中では、3msecで、α1-アンチトリプシン(α1-AT)により、不活化される:α1-ATを、エラスターゼが、分解する。しかし、炎症が起きている組織では、α1-ATは、好中球から放出される活性酸素、ミエロペルオキシダーゼ、ラクトフェリンにより酸化される結果、好中球エラスターゼは、不活化されずに、組織を障害するとされる。

 好中球エラスターゼは、基質特異性が少ない。
 そのため、好中球エラスターゼは、過剰に放出されたり、α1-AT(α1-antitrypsin)などのインヒビターが欠乏していると、生体構成成分をも分解し、好中球エラスターゼによる、自己の組織障害を引き起こす恐れがある。

 炎症の際には、好中球が炎症巣に浸潤するが、エラスターゼのように、白血球が産生する物質により、却って、炎症が引き起こされる側面がある。
 細胞(好中球)内の顆粒中の酵素が、細胞外へ遊離するには、陥入した細胞膜と、内部のリソゾーム膜とが融合して、リソゾーム酵素が遊離する場合と、ひずみに対して、リソゾーム膜が大きい分子を通過するように変化する場合とがある。
 ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)は、適切な条件下では、リソゾーム膜安定化作用がある。ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)の他に、アスピリン、フェニルブタゾン、インドメタシン、フルフェナム酸にも、リソゾーム膜安定化作用がある。

 好中球(顆粒球)は、活性化されると、粘膜障害、組織障害を起こす。
 ストレスにより、交感神経が緊張すると、アドレナリンが副腎髄質から放出され、好中球が活性化される。
 ストレスにより、交感神経を緊張させるアドレナリンが、副腎髄質から放出され、好中球が活性化される。そうすると、白血球同士や、白血球と血管内皮細胞とが、結合し易くなる(ベタベタ血液)。

 H2受容体拮抗剤の塩酸ラニチジン(医薬品名:ザンタック)は、好中球の細胞内のCa2+濃度を低下させ、好中球エラスターゼの放出を、抑制する。

 2.ウリナスタチン
 ウリナスタチン(UTI、医薬品名:ミラクリッド)は、トリプシン(trypsin)など、種々の酵素の阻害作用がある多価酵素阻害剤で、ヒト尿から精製される。
 ウリナスタチンは、活性化された好中球からのエラスターゼ放出を阻害したり、エラスターゼ活性を抑制する(放出されたエラスターゼを不活化させる)。また、ウリナスタチンは、血管内皮細胞表面の接着分子の発現や、活性化された好中球と血管内皮細胞との接着を阻害し、血管内皮細胞障害を抑制する。ウリナスタチンには、酸素ラジカルの除去作用もあると言う。
 
 ウリナスタチンは、ライソゾーム膜の安定化作用により、各種蛋白分解酵素の遊離を抑制する。抑制される酵素には、トリプシン、キモトリプシン、プラスミン、ヒアルロニダーゼ、クレアチンホスホキナーゼ(CPK)、リパーゼ、カルボキシペプチダーゼBなどがある。

 ウリナスタチンの副作用としては、肝機能障害、白血球減少、発疹、下痢、血管痛がある。

 3.その他
 ・エラスターゼは、膵臓に由来する(膵外分泌酵素)。
 エラスターゼは、膵臓の腺房細胞にプロエラスターゼとして存在していて、腸内に分泌されて、トリプシンにより活性化され、エラスターゼになる。
 エラスターゼは、膵臓以外に、動脈壁、白血球、血小板、脾臓などにも存在するが、血中のエラスターゼは膵臓由来のものが殆どと言われる。
 エラスターゼは、血中では、結合組織のエラスチン(弾性繊維)を特異的に分解する。

 ・エラスターゼには、エラスターゼ1(anionic elastase)と、エラスターゼ2(cationic elastase)の2種類が存在する。
 エラスターゼ1は、結合組織分解作用が強く(急性出血性膵炎での血管壁の破壊に関与する)、エラスターゼ2はエラスチン(弾性繊維)分解作用が強い。

 ・エラスターゼES製剤(商品名:エラスチーム錠)は、粥状動脈硬化病変において、動脈壁への脂肪沈着を抑制し、動脈壁のエラスチンの変性やコラーゲンの異常発生を抑制し、動脈硬化の発症を抑制し、動脈硬化の退縮を促進させる。エラスターゼESは、コレステロールの動脈壁への沈着を抑制し、また、コレステロールの動脈壁からの除去を促進する。エラスターゼESは、動脈壁の弾性線維エラスチンの変性を抑制し、エラスチン生成を正常化する。
 動脈硬化症や老年者では、膵エステラーゼ活性が、著しく低下している。
 エラスチーム錠(エーザイ株式会社)は、成分が、ヒト膵臓中から発見されたエラスターゼESと呼ばれる酵素(製剤は、ブタの膵臓からエラスターゼESを精製して製造している)。
 エラスターゼESは、エラスチンを分解し、カゼイン、フィブリン、変性コラーゲンなども分解する。
 エラスターゼESは、リポ蛋白代謝や、脂質成分の移行を調節し、血清脂質異常を改善する。エラスターゼESは、HDL(HDL-コレステロール)、アポA蛋白(アポ蛋白)、燐脂質をは、増加させる。エラスターゼESは、β‐リポ蛋白、過酸化脂質、遊離脂肪酸VLDLLDLを、減少させる。

 参考文献
 ・渡辺言夫:消炎鎮痛剤の作用機序と使い方 小児内科 Vol.19 No.6, 789-794, 1987年.
 ・大槻眞:エラスターゼ1、最新 臨床検査のABC、日本医師会雑誌、第135巻・特別号(2)、生涯教育シリーズ−70、S130-S131頁、平成18年(2006年)10月.

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO