DHCオンラインショップ Oisix(おいしっくす)  テラクオーレ【Terracuore】

 Bartter症候群

 Bartter症候群は、尿細管機能異常症で、低カリウム血性アルカローシス(低K血性アルカローシス)、高レニンアルドステロン血症、正常血圧を特徴とする。

 Bartter症候群では、Henleループ上行脚Na+-K+-2Cl-共輸送体に異常があり、NaClが、再吸収されない。
 このため、遠位尿細管への、Na+、Cl-流入が増加し、Na+-K+交換、Na+/H+交換が増加し、尿中への、K+、H+
の排泄が増加する。他方、NaCl再吸収低下により、体液量が減少して、レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系RAA系)が亢進させられ、尿中へのK+、H+の排泄が増加し、代謝性アルカローシスが、助長される。

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO