DHCオンラインショップ香るブルガリアンローズ Oisix(おいしっくす)  DHCオンラインショップ

 ウイルス性胃腸炎

 ノロウイルス(小型球形ウイルス:SRSV)、ロタウイルスなどが原因で、胃腸をこわし、嘔吐、下痢、腹痛の症状が出ます。その他、発熱したり、頭痛がします。ウイルス性胃腸炎は、冬期に多く発生します。ウイルスは、発症した人の便、吐物、唾液などによって、人から人へと感染します。
 吐き気が強く、食欲がない病初期(発症から1〜6時間程度)は、水分を与えても全部吐いてしまうことが多いので、無理に食事を与えようとせず、絶飲食にして、胃腸を休めることが大切です。吐き気が治まって来たら、脱水にならないように、水分(お茶、ソリタ-T顆粒3号ORS、イオン飲料など)を2時間ぐらいの間隔をあけて与えましょう。吐き気が強ければ、吐き気止めの座薬(ナウゼリン坐剤)を使って下さい。吐き気、下痢がひどい場合は、点滴治療が必要です。
 乳幼児のお子さんは、下痢がひどいとお尻がただれてやすいので、下痢をしたらすぐオムツを替え、清浄綿でふいてあげたり、1日2回程度、風呂場で薄く石鹸をつけて、お尻を洗ってあげましょう。下痢が続く間は入浴は控えましょう。特に、ノロウイルスによる胃腸炎の場合は、下痢症状が改善した後も2〜7日間、便中にウイルスが排泄されることがありますので、入浴は家族内の最後にした方が良いです。家族の人などへの感染を予防する為、オムツを替えた後や、調理や食事前などに、手洗いをこまめに行いましょう。
 食事は、吐き気がおさまって、水分を飲んでもすぐ下痢しなくなったら、消化の良い物(お粥、良く煮たうどん、葛湯、人参入り味噌汁のうわずみ、林檎ジュースなど)を、少量から始めましょう。ミカン、牛乳は、好ましくありません。フォローアップミルクは、蛋白質が濃いので、半分程度に薄めて飲ませましょう。食事の量は、腹八分目を心掛け、食べさせ過ぎず、便の回数や硬さの回復状況を見ながら、少しずつ、普通の食事に戻して行きましょう。

                                禁無断転載<疾患説明文に戻る><小児科疾患に戻る

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送