GREEN DOG【厳選ドッグフードお試しセット】 GREEN DOG:ルンバ Oisix(おいしっくす)
 死にまね行動

 動物が、敵などの危険に遭遇した時の行動パターンには、「攻撃」、「逃避」に加えて、「死にまね行動」が見られます。
 小さなヒキガエルを仰向けにして、胸の部分を軽く圧迫すると、写真のように、動かなくなります。
 これは、一種の催眠状態とも考えられています。

 ヒキガエルは、眼の前を動くエサしか、捕食しません。どうやら、動くエサしか、視覚情報で認識出来ないようです。
 ヒキガエルが、創造された時代は、他の生物も、動かない対象は、視覚情報で認識出来ない仕組みになっており、敵の脅威にさらされた時に、「死にまね行動」をとることで、敵に認識されなかったものと思われます。
 動かない対象は、視覚情報で認識出来ないというのは、人間の眼にも、当てはまるそうです(注1)。人間や動物の眼は、対象の動きの微分情報を認識しているのだそうです。

 人間でも、精神的な苦痛を伴う場面に遭遇すると、「解離」と言って、普通の意識と異なる「トランス状態(変性意識状態)」になって、別人格が現われることがあります。

 注1:反対に、例えば、顕微鏡を覗いている時のように、一つの物体を続けて注視していると、眼は、その物体の色の感度が下がり、色だけではなく、形も見えなくなって来ます。また、その際、相対的に反対色(補色)の感度が上がり、眼を物体からそらすと、残像が残ります。

 また、人間の網膜には、赤色、緑色、青色を吸収して検出する、錐体細胞が存在します。
 例えば、赤色+緑色=黄色ですが、眼に、黄色の光が入ってくると、赤色を検出する細胞と、緑色を検出する細胞とが反応して、脳の内で、黄色として、統合するそうです。

 なお、人間は、赤色、緑色、青色の3色ですが、4色を検出する猿も、いるそうです。カエルの眼も、人間と検出する色が違えば、私たちと違うように、この世を見ているのかも知れません。

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO