DHCオンラインショップ香るブルガリアンローズ Oisix(おいしっくす) Microsoft Store (マイクロソフトストア)

 小児科疾患

 乳幼児は、口はあっても、植物と同様に、自分の体調の不良を、言い表せないことが多いです。
 病気の時に、表情や動作などに現れる、特徴的なサインを、見逃さないことが大切です。
 母親など、家族の方にも、理解し易いように、特徴的な発疹を来たす疾患(麻疹、水痘など)の症例写真を、HPに掲載して見ました。
 また、特徴的な咳を発する疾患(百日咳や、仮性クループや、気管支喘息)の咳の音を、HPで聞くことが出来るように、設定しました。

 水痘::感染したウイルス(VZV)は、終生、体内に、潜伏感染する。
 単純ヘルペス:単純ヘルペスウイルスは、ヘルペス性歯肉口内炎、帯状疱疹様の発疹、ヘルペス脳炎を起こすこともある。
 おたふくかぜ(流行性耳下腺炎):無菌性髄膜炎、難聴などの合併症。予防接種に関して。
 麻疹麻疹は、発熱してから、発疹が現れて36時間後の間、感染力が強い。
 
EBウイルス:EBウイルスは、Bリンパ球を形質転換させ、不死化させる。
 クラミジア感染症:トラコーマクラミジアは、母親から、新生児・乳児に感染し、肺炎クラミジアは、ヒトからヒトへ、咳嗽により、感染する。
 Occult bacteremia:乳幼児が、高熱を出している時には、敗血症が潜在していることがある。
 溶連菌感染症:咽頭痛、発熱、猩紅熱型の発疹(紅斑様発疹粟粒大丘疹)、苺舌が現れ、後に、腎炎やリウマチ熱を併発する。
 溶連菌感染症の扁桃腺所見:口蓋粘膜が発赤し、周囲が輪状に出血した小丘疹(出血性濾胞状口内疹)が、多数現れることがある。
 猩紅熱:溶連菌が産生する毒素により、粟粒大の小丘疹と、皮膚全体の紅斑や浮腫性腫脹を特徴とする発疹や、苺舌が現れる。
 A群溶血性連鎖球菌が産生する毒素:溶連菌は、M蛋白、C多糖体などを細胞壁有していたり、発赤毒素などの毒素を産生する。
 中耳炎−細菌に対する免疫−:2歳までは、肺炎球菌、インフルエンザ菌に対する免疫力が、弱い。
 喀痰のグラム染色:錆色の膿性痰は、肺炎球菌による肺炎で、認められる。
 ■RSウイルス感染症:RSウイルスは、乳幼児の細気管支炎を発症させる。
 インフルエンザ:黄色ブドウ球菌は、インフルエンザウイルスの感染力を高める。
 タミフル:同居している65歳以上の老人には、抗インフルエンザ薬のタミフルを、予防使用出来る。
 インフルエンザ脳症:非ステロイド性抗炎症剤は、TNF-αの産生を増強させる方向に作用する。
 急性壊死性脳症:脳内小血管の血管透過性が亢進し、血管周囲へ、血漿などが漏出し、血管周囲の脳組織が、浮腫や壊死に陥る。
 ライ症候群:インフルエンザや水痘で発熱した後に、嘔吐で急性脳症を発病する。アスピリンとの因果関係あり。
 ミトコンドリア脂肪酸酸化異常症(FAOD):脂肪酸が分解されず、肝臓や筋肉などで、脂肪変性が生じる。
 低酸素性虚血性脳症と脳室周囲白質軟化症:仮死は、脳性麻痺の主な原因ではない。
 アセトン血性嘔吐症:顔色不良になり、頻回の嘔吐や、コーヒー残渣様の吐物が見られ、酸っぱい様なアセトン口臭になる。
 経口補水塩(ORS):急性下痢症の脱水には、経口的に、Naやブドウ糖を含む液を飲ませる。
 ロタウイルス胃腸炎:ロタウイルス胃腸炎では、下痢便は、黄色〜白色になり、酸味の強い発酵性の臭いがする。
 腸管出血性大腸菌:腸管出血性大腸菌のO157は、ベロ毒素を産生し、血便、強い腹痛などを来す。
 溶血性尿毒症症候群:ベロ毒素により、腎臓に微小血栓が作ら、血小板減少、貧血、腎不全が起こる。
 播種性血管内凝固症候群(DIC):微小血栓が形成され、臓器の機能不全や出血傾向が見られる。
 SIRS(全身性炎症反応症候群):敗血症や手術後に、多臓器不全が起こる。
 アトピー性皮膚炎:グルコシルセラミド(脂肪酸等から構成される)の代謝異常により、皮膚セラミドの含量が、低下している。
 Bartter症候群:尿細管のNa+-K+-2Cl-共輸送体に異常があり、NaClが、再吸収されない。
 消毒薬:採血などの医療行為は、皮膚消毒で死滅しない、毛嚢内の細菌を、血管に押し込む危険性が伴う。
 母乳新生児は、母乳栄養児の方が、人工栄養字より、感染症に、罹患しにくい。
 乳児の臍の病気:臍ヘルニア(出べそ)は、自然治癒するが、放置せずに、綿球固定して治療する方が良い。
 乳児の肛門の病気:肛門周囲膿瘍は、膿瘍部分をマッサージして膿瘍腔内の膿を肛門側に排出させるようにする。

 熱中症:熱射病では、欝熱により高体温になるので、感染症の発熱と異なり、筋肉の震え、悪寒は、見られず、皮膚は、発赤する。
 百日咳:百日咳では、コンコンコンコン→ヒューと、特有の咳発作が、特に、夜間、見られる。
 
百日咳特有の咳発作(録音テープ):実際の百日咳の患児の咳き込んでいる時の音を、聞くことが出来る。
 仮性クループの音(録音テープ):仮性クループでは、独特の犬吠(けんばい)様咳、嗄声(させい)が、吸気性呼吸困難が見られる。

 気管支喘息の発作の音(録音テープ):気管支喘息の発作時には、呼気性喘鳴(wheezing)が聞かれ、呼吸困難になる。
 疾患説明文:小児科感染症などの、説明文(禁無断転載)。
 予防接種説明文:小児科領域の予防接種の説明文(禁無断転載)。


 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO