Oisix(おいしっくす) DHCオンラインショップ クロックス オンラインショップ

 生化学の知識

 医学も、宗教と同様に、長い講釈を語るより、良い結果を出すようにしないと、人を救う力を失ってしまうものです(論より証拠)。
 先人が、経験から得た健康知識や教訓が、正しい理由を、生化学の知識をまとめることで、理論付けようと、試みました。
 生体は、抑制しようとすると、必ず、促進しようとする力が、働きます。「押してもだめなら引いてみな」で、逆療法が、効果を示すこともあります。右へ偏ると、左に向く作用が現われ、生体のバランスが保たれますが、右に偏った時に、更に、右に向かせた方が良いのか、左に戻した方が良いか、迷うところです。
 理論は完璧であっても、良い結果が得られないとしたら、その理論は、間違っていると思う方が、賢明でしょう。
 分析的(蛸壺様)把握を止め、統合的(身体と生命を全体的に捉える視点)把握を、試みてみました。

 栄養素の代謝と相互変換:グルコースとアミノ酸は、脂肪酸に変換されるが、逆の変換は、不可能。
 十分に食餌を摂取している時の代謝:グルコースやアミノ酸は、中性脂肪やコレステロールに変換される。
 絶食時の代謝:絶食時には、脂肪酸やケトン体がエネルギー源として使用される。 
 インスリン:筋肉や脂肪組織で、グルコースのGLUT4を介する、細胞内への取り込みを促進する。
 糖新生の経路:糖新生で、アミノ酸、乳酸、ピルビン酸などから、グルコース(ブドウ糖)が生成される。
 肝臓での糖代謝:糖尿病の肝臓では、インスリンにより糖新生が抑制されず、血中にブドウ糖が過剰に供給され、高血糖になる。
 尿素回路:有毒なアンモニアは、肝臓で、無毒な尿素に変えられ、尿中に排泄される。
 アンモニア:アンモニアは、神経毒性があり、エネルギー産生や神経伝達を低下させ、脳浮腫を来たす。

 胆汁酸:胆汁酸は、コレステロールから合成され、タウリンなどと結合して肝毒性の弱い抱合型胆汁酸になり、脂肪の吸収を促進する。
 果糖の代謝:果糖は、体内では、ブドウ糖に変換されたり、トリグリセリドの合成に利用される。
 脂肪酸の合成ブドウ糖50gを過剰に摂取した場合、脂肪14gが生成される。
 オキサロ酢酸:糖原性アミノ酸、ピルビン酸、乳酸など、オキサロ酢酸に変換され、糖新生に利用される。
 食事とスタミナ:高脂肪食だと、グリコーゲンの貯蔵が少なく、アドレナリンの分泌が増加する。
 グルタミンとグルタミン酸:グルタミン酸は、アンモニア(NH3)を処理するのに、大切なアミノ酸。
 BCAA血漿中のBCAA濃度が低下すると、脳内のセロトニン濃度が増加する。
 AST(GOT):m-ASTは、ミトコンドリアが障害されると、血清中に上昇する。
 
飲酒とアセトアルデヒド:アルコールを飲酒すると、肝毒性の強いアセトアルデヒドが、生成される。
 Malate-aspartate shuttleリンゴ酸-アスパラギン酸シャトル(英語版)。
 
電子伝達系と酸化的リン酸化:ミトコンドリア内膜を電子が伝達され、ATPが合成される。
 
ミトコンドリアミトコンドリアは、外膜、膜間スペース、内膜、マトリックスで構成されている。
 ミトコンドリアの輸送系
ミトコンドリア内膜は、オキサロ酢酸、NADH2+などを、直接通過させない。
 
Mitochondriaミトコンドリア(英語版)。
 NAD+:ニコチン酸の誘導体NAD+は、2ケの水素原子で還元され、NADH2+になる。
 
CoQ10(ユビキノン):ミトコンドリアで、電子受容体、電子供与体として、重要。
 
ビタミン
:ビタミンB1や、ナイアシンなどは、補酵素として、代謝に重要な作用をする。
 カルニチン:脂肪酸は、カルニチンと結合して、ミトコンドリア内に輸送される。
 
グリコサミノグリカン:プロテオグリカンを構成する糖鎖は、二糖構造の繰り返しで成されている。
 シアリルLe抗原と腫瘍マーカー:CA19-9やSLXなどの腫瘍マーカーは、シアリルルイス抗原。
 ルイス式血液型:ルイス式血液型と、ABO式血液型との関係。
 糖鎖:グルコース(ブドウ糖)、シアル酸などの糖は、複雑に連なって、糖鎖を形成する。
 シアル酸:糖鎖を構成するシアル酸は、陰性荷電を有し、細胞接着に関係する。
 糖脂質:糖脂質の代謝で、ガングリオシドや、ABO式血液型物質が、合成される。
 チャネル:細胞膜を貫通しているチャネル蛋白質が開いて、イオンが細胞内外に受動輸送される。
 アクアポリン・アディポース:脂肪細胞内で中性脂肪の分解により生成されるグリセロールは、AQPapを介して細胞外に輸送される。
 膜ATPase:ATP分解のエネルギーを利用して、イオンを、細胞膜の内外に、能動輸送させる。
 シトリン欠損症:成人発症II型シトルリン血症(CTLN2)の症例は、糖質類(甘い物など)を嫌う嗜好傾向がある。
 CYP:CYP(シトクロムP450)は、肝臓において薬物の代謝(解毒)を行う水酸化酵素。


 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO