Oisix(おいしっくす) DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】 HP Directplus オンラインストア 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

 ゲストブックの過去ログ

 ■2006年11月19日(日)〜2006年12月20日(水) <ゲストブックの過去ログに戻る>
   2006年12月20日 (水) 20時29分34秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :    年末まで、ゲストブックの投稿に御返事出来ないかも知れません。
 御容赦下さい。
   2006年12月19日 (火) 23時54分11秒
[名前] :   かね
[URL] :   
[コメント] :   DICの勉強をしていたら、ここに辿り着きました。
凝固から勉強できました。
ありがとうございます。
   2006年12月20日 (水) 20時28分40秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >凝固から勉強できました。
 HPを読んで下さり、有難う御座いました。

 私は、脂質(陰性荷電リン脂質やリポ蛋白レムナント)は、血小板と一緒に、特に、内因系血液凝固を進展させので、
 高脂血症になり、血液中に脂質が多いと、血栓を形成し易くなると、考えています。
http://hobab.fc2web.com/sub2-kesshoubangyoushu.htm
   2006年12月19日 (火) 21時33分46秒
[名前] :   くー
[URL] :   
[コメント] :   ありがとうございました

ノロウイルスとロタウイルスの違いをお願いします
   2006年12月20日 (水) 19時49分41秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >ノロウイルスとロタウイルスの違いをお願いします
 両ウイルス共に、感染すると、胃腸炎を起こし、嘔吐、下痢などの症状が現れます。
 
 ロタウイルス胃腸炎は、主に、2歳の乳幼児が発症し、頻回に下痢をして、次第に便の色がコレラの時の下痢便に似て、白色になることがあり、従来、仮性小児コレラとか、白色便下痢症とも呼ばれました。
 ロタウイルスは、患者の糞便や、気道の分泌物によって、人から人へ感染します。
http://hobab.fc2web.com/sub6-Rotavirus.htm

 ノロウイルス胃腸炎は、成人や、老人も罹患します。ノロウイルス(従来のSRSV)は、生牡蠣などが保有していて、集団食中毒として発症することもありますが、患者の糞便や、吐物などを介して、接触感染や空気感染などを起こすようです。
 ノロウイルスの場合、症状が改善しても、2〜7日間程度は、感染力があると言われます。

 なお、両ウイルス共に、以前、保健所を経て検査してもらった結果では、一度、発症すると、電子顕微鏡で調べますと、数ヶ月間、ウイルスが便中に残存しています。
   2006年12月16日 (土) 21時46分39秒
[名前] :   高橋 修
[URL] :   
[コメント] :   すばらしいHPです。
   2006年12月17日 (日) 19時51分42秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >すばらしいHPです。
 お褒めの言葉、有難う御座います。

 HPの内容に関して、誤り等ありましたら、御批判等頂ければ幸いです。
   2006年12月11日 (月) 19時33分25秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :    ニューヨーク市は2006年12月5日、「トランス脂肪酸」(トランス型脂肪酸)のレストランでの使用を禁止することを決めたそうです。
http://news.tbs.co.jp/20061206/headline/tbs_headline3440944.html

 トランス脂肪酸は、動脈硬化や、アトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患を増加するおそれが指摘されています。
 植物油(ナタネ油やダイズ油など)に含まれる不飽和脂肪酸の二重結合は、精製植物油を精製する工程などに際して、熱処理などの影響により、一部が、シス体から、トランス体へと、異性化してしまい、トランス脂肪酸が混入すると言われます。
 ゴマ油は、トランス脂肪酸が少ないと言われます。
http://hobab.fc2web.com/sub7-Sesame.htm

 健康を考えれば、精製した植物油を摂取するより、野菜や果実(胡桃など)を生で摂取し、不飽和脂肪酸(必須脂肪酸のリノール酸やα-リノレン酸など)を摂取した方が、安全と思われます。
   2006年12月5日 (火) 03時19分14秒
[名前] :   ?
[URL] :   
[コメント] :   http://www5a.biglobe.ne.jp/~g-cherry/s-acid.html
やっぱ危険でしょ?サリチル酸
   2006年12月11日 (月) 19時05分46秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >やっぱ危険でしょ?サリチル酸
 サリチル酸は、植物が細菌から自分を守る為に、有している化合物のようです。
 サリチル酸は、ミトコンドリアのPTPと呼ばれる穴を開口され、細胞の機能を障害し、ライ症候群などの重篤な疾患を来たすおそれがあります。
http://hobab.fc2web.com/sub4-Reye_syndrome.htm

 でも、サリチル酸(アスピリンなど)は、痛みと言う苦痛から、人類を救って来たことは確かです。
 今でも、アフリカなどでは、アスピリンは、安価な鎮痛薬なので、捨て難い薬ではないでしょうか?
   2006年12月4日 (月) 17時24分19秒
[名前] :   ?
[URL] :   
[コメント] :   http://www.info.pmda.go.jp/iyaku_anzen/PMDSI151d.html#9
 サリチル系の薬剤は 信用してません


 
   2006年12月4日 (月) 16時53分07秒
[名前] :   ?
[URL] :   
[コメント] :   読みがベイヤ−ではなくバイエルでした
   2006年12月4日 (月) 16時51分45秒
[名前] :   ?
[URL] :   
[コメント] :   http://www.bayer.co.jp/byl/cc/aspirin/contents_2.html

  ベイヤ− アスピリンを売っている
   2006年12月11日 (月) 19時31分08秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   http://www.bayer.co.jp/byl/cc/aspirin/contents_2_1.html
 ↑の頁に記載がありますが、
 紀元前400年ごろ、ヒポクラテスが、ヤナギの樹皮を熱や痛みを軽減するために用い、葉を分娩時の痛みを和らげるために使用していたそうです。
 ヤナギに含まれるサリチル酸の鎮痛作用は、ギリシャ時代から知られていたようです。
   2006年12月2日 (土) 21時07分53秒
[名前] :   くー
[URL] :   
[コメント] :   ありがとうございました

血液で遠心分離をした血清はなぜ凍結をするのでしょうか?
たとえば、BNP、グリココール酸など、また凍結は何日ほど、持つのでしょうか?
   2006年12月11日 (月) 18時58分06秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >血液で遠心分離をした血清はなぜ凍結をするのでし
>ょうか?
 凍結保存するのは、酵素などを安定化させ活性の低下を防ぎ、また、細菌などの増殖を抑制するためでしょう。
 「臨床検査法提要」と言う本によると、血清を冷所(4℃)や、凍結保存するのは、血清や血漿の成分が、酸化、水解、光分解するのを避ける為とされます。

 血清中のビタミンCは、4℃では6時間、−80℃では21日以内なら、安定と言われます。
   2006年12月11日 (月) 18時58分30秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >たとえば、BNP、グリココール酸など、また凍結は何
>日ほど、持つのでしょうか?
 一般的に、−20℃程度で保存した場合、保証出来るのは、12週間程度でしょう。

 BNP(脳性Na利尿ポリペプチド)は、血漿を凍結保存しますね。

 胆汁酸は、−20℃で凍結保存すると、数ヶ月間は、安定だと書かれてありますが、グリココール酸は冷蔵保存を指定する検査施設もあります。
http://www.mbcl.co.jp/compendium/main.asp?field=01&m_class=07&s_class=0017

 ディープフリーザー(-80℃)なら、適切に凍結させれば、長期間、保存可能と思われます。
 培養細胞などは、DMSOなどを加え、液体窒素のタンクに入れれば、ほぼ、永久保存可能でしょう。
   2006年12月1日 (金) 16時31分51秒
[名前] :   ?
[URL] :   http://www.raisins-jp.org/healthsupport/effect/tv6
[コメント] :   http://www.raisins-jp.org/healthsupport/effect/tv6.html
 ?????????????

 黄色4号とか カレー粉にサリチル酸が多いとか

 アメリカではサリチル酸が抜いたカレー粉売っている
 とか?
   2006年12月1日 (金) 16時09分42秒
[名前] :   ?
[URL] :   
[コメント] :   たしかにおもいっきりテレビでカレーにはサリチル酸が
多いと言っていた、だが、カレーはよく食べるが健康に問題はない、しかし、ボバブさんHPにあるようにライ
症候群、サリチル酸は殺虫剤に関係あるとも聞いている
なぜカレーを食べても平気なんだろうか?
   2006年12月2日 (土) 19時48分54秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >なぜカレーを食べても平気なんだろうか?
 猫は、サリチル酸を解毒することが出来ないそうですが、
 人間(ヒト)は、サリチル酸を、肝臓で代謝したり、腎臓から排泄可能です。

 アスピリンは、飲んだ後、腸から吸収され、肝臓で、サリチル酸に分解(加水分解)されます。
 サリチル酸は、アスピリンを飲んでから、7〜10日後に、完全に体内から排泄されると言われます。

 カレー(Curry)は、トマトなどの野菜と同様に、サリチル酸を多く含む食品のようですが、カレーを沢山食べて、アスピリン喘息を起こしたと言う話は、聞きませんね。
http://www.zipworld.com.au/~ataraxy/Salicylates_list.html
   2006年12月1日 (金) 15時54分19秒
[名前] :   ?
[URL] :   
[コメント] :   カレーにサリチル酸は入っているものでしょうか?
   2006年12月2日 (土) 19時34分05秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >カレーにサリチル酸は入っているものでしょうか?
 以前、ゲストブックに投稿して下さった猫ピカイアさんのHPによると、カレー(粉)、ウコン(Turmeric)には、サリチル酸が含まれているそうです。
http://nekogohan.net/h26_sarimatome.html#HERBS

 バナナ、皮をむいたナシ、キャベツ、セロリ、レタス、米、大豆などには、サリチル酸は含まれていないそうです。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~g-cherry/index.htm
   2006年11月25日 (土) 03時56分39秒
[名前] :   メディカルテクニカ
[URL] :   http://square.umin.ac.jp/jacscopy/
[コメント] :   はじめまして
   2006年11月24日 (金) 19時07分52秒
[名前] :   亜麻仁とセラミド
[URL] :   
[コメント] :   セラミドを摂取したら、パルミチン酸が、摂取できるのでしょうか?亜麻仁油は、なぜ、日本では、流行らないのでしょうか?加熱せず植物油をサラダのように、摂取することは、日本人には、向かないのでしょうか?オリーブ油を、パンにつけて、食べたりしますよね。

りんご残渣のセラミドは、小腸の長い東洋人の健康維持にプラスにならないのでしょうか?

長鎖脂肪酸は、小腸で、腸壁を刺激して、腸管血管内で、同じものを、再合成することは、無いのでしょうか?

小腸は、栄養分の吸収以外に、アミノ酸の合成指示伝達物質のみの伝達は、しないのでしょうか?

酵素や生菌は、小腸や盲腸、大腸では、血管内のアミノ酸合成に、寄与するのでしょうか?
   2006年12月2日 (土) 19時58分10秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >亜麻仁油は、なぜ、日本では、流行らないのでしょ
>うか?
 亜麻仁油は、n-3系の多価不飽和脂肪酸のα-リノレン酸を、多く含んでいるそうですね。

 α-リノレン酸は、リノール酸と同様に、必須脂肪酸なので、食事から摂取する必要がありますが、摂り過ぎは、良くないと思われます。
 
 
   2006年11月19日 (日) 09時56分18秒
[名前] :   くー
[URL] :   
[コメント] :   ありがとうございました

寄生虫はどのような虫でしょうか?
   2006年11月22日 (水) 06時52分38秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >寄生虫はどのような虫でしょうか?
 寄生虫とは、人間などに寄生し、養分を吸収して生活する小動物を意味します。
 虫と言っても、ヒトノミのように外部に寄生する昆虫も寄生虫に含まれますが、
 寄生虫と言うと、一般的には、体内に寄生する回虫、蟯虫など線虫(内部寄生虫)を意味します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%84%E7%94%9F%E8%99%AB

 その他、日本住血吸虫、条虫(サナダムシ)も内部寄生虫です。
http://www.forth.go.jp/tourist/useful/06_kisei.html
   2006年11月18日 (土) 19時34分35秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :    ゲストブックの空き容量が減少して来ましたので、古い投稿は削除し、過去ログに収録致しました。
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/2308/guetbook-20061118.htm

 全ての過去ログは、下記URLから御覧になれます。
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/2308/sub5-link-guestbook.html
   2006年11月18日 (土) 16時14分37秒
[名前] :   無農薬農薬
[URL] :   
[コメント] :   これは、単なる私のメモ。鉄腕ダッシュでやってました。
 唐辛子、にんにく、ニラを混ぜる。コーヒー殻を入れる。更にヨモギ、生姜、茶殻を混ぜる。お湯を煮立てる。全て混ぜる。煮立ててから焼酎、牛乳、お酢を入れる
 
   2006年11月16日 (木) 16時11分56秒
[名前] :   ?
[URL] :   
[コメント] :   ALSとはどんな病気ですか?
   2006年11月16日 (木) 19時55分07秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >ALSとはどんな病気ですか?
 ALSとは、amyotrophic lateral sclerosisの略で、日本語では、「筋萎縮性側索硬化症」と呼ばれます。

 ALSでは、運動神経が障害され、最終的には、人工呼吸器などが必要になりますが、知覚神経は障害されません。
   2006年11月12日 (日) 17時20分15秒
[名前] :   くー
[URL] :   
[コメント] :   字、間違いました

PSAについてお願いいたします
   2006年11月13日 (月) 21時11分56秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >PSAについてお願いいたします
 PSAは、前立腺の腺上皮から産生される糖蛋白です。
 前立腺癌がある人は、血液中のPSA値が、微増〜著増(数千ng/ml以上)しますので、腫瘍マーカーとして測定されます。
 PSAは、良性の前立腺疾患(前立腺肥大や前立腺炎など)でも、微増〜100ng/ml程度にまで増加します。

 PSAは、α2-マクログロブリンと複合すると、血液中の寿命が短くなります。
 前立腺癌で、PSAが著増(数千ng/ml以上)すると、α2-マクログロブリンはPSAと複合し消費される為、血液中のα2-マクログロブリン値は著減します。
   2006年10月31日 (火) 20時21分03秒
[名前] :   かっつん
[URL] :   
[コメント] :   IFNαがTH2を誘導するとありますが、引用文献を教えてください。私の知識ではIFNαはTh1を誘導すると思います。
   2006年11月2日 (木) 06時54分03秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >IFNαがTH2を誘導するとありますが、引用文献
>を教えてください。
 ちょっと、調べて見ました、引用文献を思い出せないでおります。
 「Th1細胞とTh2細胞」の頁は、かなり以前に作製したので、どの文献から引用したのか、記憶が定かでありません。
 IFN-αとTh2細胞との関連の記載は、抗原提示細胞(樹状細胞)のTLRからの下位シグナルと、産生されるIFNとの関連と調べていて見出した情報を記載したものと思われます。
   2006年11月2日 (木) 07時10分01秒
[名前] :   ホバブ
[URL] :   
[コメント] :   >私の知識ではIFNαはTh1を誘導すると思いま
>す。
 参考文献に記したMary F等の樹状細胞(dendritic cell)に関する総説にも、下記のよう記載されていました。
In lymph nodes, plasmacytoid DCs are
stimulated via the expression of CD40L on recently activated T cells
to mature and secrete IL-12 and maintain production of IFN-α. The production of IFN-α by plasmacytoid DCs prolongs the Th1-stimulating phase of myeloid DCs.

 「Th1細胞とTh2細胞」の頁は、後で加筆しました注2に記したように、PGE2やIL-12と、Th1細胞やTh2細胞との関連に、私は関心があり、まとめてみました。
 IFN-αとTh細胞に関して、今は、あまり調べている時間はありませんが、後日、何か判明したら、また、御返事させて頂きます。
 また、かっつん様が御存知のIFN-αとTh1細胞に関する文献を教えて頂ければ、幸いです。

                                <ゲストブックの過去ログに戻る>


 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO