GREEN DOG:ルンバ DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】 【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆
 尾は短期間になくなる


 真ん中に写ったオタマジャクシは、尾が半分ほどの長さに、短縮しています。
 オタマジャクシは、手が出てから一週間以内に、尾が短くなって消失し、陸に上がります。
 
 15mmあったオタマジャクシの尾は、なんと、30時間程後には、1mmぐらいの長さまで、短縮します
 オタマジャクシの尾が短縮するのは、体表が空気に当たることが契機になっているようです。
 なお、このオタマジャクシの変態には、甲状腺ホルモン(サイロキシン)が関与しているそうです。オタマジャクシは、甲状腺ホルモンが存在するとカエルに変態しますが、甲状腺ホルモンが存在しないと、足が生えた程度に留まり、カエルにまで、変態が進まないそうです。
 この変態の期間は、オタマジャクシは、口の形も変わるために、エサを食べることができません。
 絶食が続くので、お腹がへこんで来ます。

 オタマジャクシたちは、足が生え、手が出て、尾が無くなり、口の形が変わる変態の期間、自分の体をどう認識しているのか、不思議です。
 変態している過程では、細胞の分裂や死滅が起こっており、数時間前と現在とで、自分の体が異なってしまいます。
 オタマジャクシは、変態する時期は、弱くなっていて、水に溺れたりして、死亡する個体が見られます。

 10年ぶりに知人に出会った時に、ずいぶん、以前と変わったと感じる時があります。
 人間の肉体も、自分では感じないけれど、毎日毎日、ちょっとずつ、変化しています。
 1日の変化はわずかであっても、年単位では、結構変わってしまいます。9年周期で、質的な変化が生まれると、思われます。
 また、人間の肉体は、オタマジャクシの変態程でなくても、思春期など、急激に変化する時期があります。
 肉体が急激に変化する期間は、厄年と言うべき、体調不良があります。
 この世は、常ならずで、変わって行ってしまいます。

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO