DHCオンラインショップ ファースト年間常設バナー Oisix(おいしっくす)

 猩紅熱

 A群溶連菌でも、発赤毒素(Dick毒素、猩紅熱毒素)を産生する株に初感染した際、全身に、粟粒状の発疹や、苺舌が現れ、従来は、猩紅熱と呼ばれた。
発疹 苺舌(イチゴ舌
 1.発疹の特徴
 溶連菌感染症(猩紅熱)で見られる発疹は、ほぼ全身の皮膚が一様に鮮紅色になり(汎発性紅疹紅斑様発疹)、毛嚢に一致して(毛根に沿って)粟粒大の少し隆起した小丘疹(粟粒大丘疹)が見られることが、特徴。

猩紅熱の発疹は、粟粒大の小丘疹(粟粒大丘疹)と、皮膚全体の紅斑や浮腫性腫脹(紅斑様発疹)が特徴
 発疹(汎発性紅斑様発疹)は、有髪部、手掌、足底(足蹠)には、現れない。発疹(汎発性紅斑様発疹)の色は、次第に、退色するが、皮膚表面のザラザラ(粟粒大丘疹:粟粒疹)は、しばらく(1週間程度)、残存する。

 通常は、発熱した後に、1日程度、遅れて、発疹が現れ、その後、苺舌が、明瞭になる。
 発疹は、発熱して2日後まで(通常は、12時間以内)には、現れる。

 発疹は、粟粒大の少し隆起した小丘疹(粟粒大丘疹)で、皮膚全体が鮮紅色になる(発疹により、皮膚が鮮紅色を呈するので、「猩紅」熱と命名された)。
 発疹は、指で圧迫すると、赤さが消失し、蒼白になる。発疹部位は、充血していて、圧迫により、一瞬、色が消褪する。
 発疹は、最初、下顎部に、現れることが多い。発疹は、臀部、鼠径部、大腿内側、上腕屈側に、多く現れるが、手掌や足底(足蹠)には、現れない。発疹は、痒みを伴なう。
 溶連菌感染症に伴なう発疹は、直径1mm程度の大きさ(粟粒大)の小丘疹で、痒みを伴なう。皮膚全体も、発赤し、浮腫状になる。
 発疹は、肘窩(肘を曲げる部位)、鼠径部(太ももの付け根)、脇窩(脇の下)に、濃く現れる傾向がある。

 発疹が現れた皮膚は、指で圧迫すると、圧迫した部位の発疹の色が、褪せる(消褪する)。発疹部位は、充血のみならず、外毒素(発赤毒素)により、血管内皮細胞が損傷を受け、血漿蛋白漏出による浮腫や、出血を起こし易くなっている。
 発疹は、脇窩、肘窩、鼠径部(そけいぶ)など、屈曲する皮膚に濃く現れ、線が入ったように見える(Pastia's sign)。
 発疹は、ゴムなどで縛って血液が溢血した部位の皮膚には、濃く現れる(Rumpel-Leede現象:陽圧皮膚溢血現象)。
 発疹は、他の化膿性炎症があったり、瘢痕がある皮膚には、現れない(Keller-Moro疹欠如現象)。
 猩紅熱の発疹が現れている皮膚に、ガンマグロブリン.0.1mlを皮内注射すると、翌日、皮内注射した部位を中心として、径30〜50mmの範囲で、発疹が消える(ガンマグロブリンテスト)。

 発疹は、口の周囲には現れないことが多い(口囲蒼白:28.8%)。
 粟粒疹(フリーゼルン)が見られることもある(1.7〜9.2%)。粟粒疹は、小丘疹の先端に浸出液が溜まり、白色〜黄色を呈する(鳥肌が立ったように見える)。
 発疹は、出現3日目頃から褪色し始め、出現4〜5日目より、発疹が現れた皮膚の皮が剥がれる(陰部の皮膚から、始まることが多い)。

 発疹が現れ、発赤(紅斑)や浮腫が見られた部位の皮膚は、回復期に、糠状、あるいは、膜状に、皮が剥ける(落屑)。
 発疹が現れた皮膚の皮は、手(掌側)と足(足底側)の皮膚は、膜様に剥がれ、手と足以外の皮膚は、糠様に剥がれる(落屑)。
 回復期(発熱1〜10日後)に、発疹が現れた皮膚、特に、手や足の指の皮膚(掌や足底側)は、爪の部分から、膜状に、剥けて、剥がれ落ちる。川崎病(MCLS)でも、回復期に、同様に、手や足の皮膚が、爪の部分から、剥離する。
 回復期に見られる、手掌や足底の皮膚の剥離は、指先(趾先)の部分の皮膚が剥ける程度のことが、多い。
 足底の皮が剥けることがある。
 重症例では、皮膚の剥離は、指(趾)のみならず、手掌や足底(足蹠:そくせき)にまで及ぶことがある。
 猩紅熱は、3歳未満の小児には、少ない。

 猩紅熱型の溶連菌感染症の発疹は、主に、頚部、脇窩、肘窩、陰部(下腹部寄り)、大腿内側、躯幹などに現れる。
 
 猩紅熱型の溶連菌感染症は、何度も、発症することがある:発赤毒素を産生する株に再感染した場合、初感染の際、発赤毒素に対して産生された免疫(抗体)が、十分に残っていれば、発疹は、現れない。溶連菌に感染して、早期から抗生剤を投与され(内服し)、溶連菌が産生する発赤毒素に対して十分な免疫(抗体)を獲得していない場合や、発赤毒素を産生する株に感染して数年経過して免疫(抗体)が低下している場合には、発疹が現れる。
猩紅熱の発疹
 猩紅熱は、かつては、法定伝染病に定めれていた。
 猩紅熱は、発赤毒素を産生する株が、上気道に感染した場合のみならず、皮膚に感染した場合(膿痂疹など)でも、発疹は、生じ得る。
 猩紅熱型の溶連菌感染症は、4〜6歳の小児が、多く発症する。1歳代の小児も、猩紅熱型の溶連菌感染症を発症するが、頻度は少ない(母親からの移行抗体の影響で、猩紅熱型の溶連菌に感染しても、発疹が現れない)。

 Dick試験(Dick反応)は、発赤毒素(Dick毒素:erythrogenic toxin)の標準希釈液0.1ml(注1)を、前腕に皮内注射し、24時間後に、直径10mm以上の発赤が現れれば、陽性と判定する。Dick試験が陽性の人は、発赤毒素に対する抗体を有していない。Dick試験は、1歳未満の乳幼児は、母親からの移行抗体により、陰性のことが多い(発赤毒素を産生する猩紅熱型の溶連菌に感染しても、発疹が現れない)。
 溶連菌感染症は、11〜12月に発生が多い。溶連菌感染症(猩紅熱型)は、夏場(8〜9月)には、発生が少ない(溶連菌は、気温が高い夏季には流行しない)。溶連菌感染症は、温帯地域では多い疾患だが、熱帯地域では稀な疾患。

 A群溶連菌以外に、発赤毒素(Dick毒素:erythrogenic toxin)を産生する黄色ブドウ球菌が、皮膚(創傷部位、蜂窩織炎など)や、咽頭に感染しても、猩紅熱様の発疹が現れることがある。発赤毒素を産生する黄色ブドウ球菌が、皮膚(創傷部位など)に感染して、猩紅熱様の発疹を呈した場合(創傷猩紅熱)、発疹は、創傷などがある皮膚付近を中心に現れ、また、咽頭症状や、苺舌が見られないことが多い。

 フィリピン(フィリッピン)では、所謂、猩紅熱は、見られないと言う。フィリピンには、発赤毒素(erythrotoxin)を産生する溶連菌が、存在しないと言う。

 2.苺舌
 溶連菌感染症(猩紅熱)では、発熱した病初期には、舌は、白苔に覆われたように、表面が、白く見える。
 その後、白苔が剥がれ落ち、舌の表面の舌乳頭や茸状乳頭が赤く腫れ、苺の表面のようにブツブツと腫れ、舌全体が発赤し、苺舌(イチゴ舌、いちご舌、いちご状舌、苺状舌)となる。
 口角が爛れ、口角炎や、口唇ヘルペスを合併することもある。
 苺舌は、解熱した後も、1週間程度は、所見が残ることが多い。

 なお、川崎病(MCLS)でも、溶連菌感染症と同様に、発疹と苺舌が、見られる。

 注1:Dick試験(Dick反応:Dick test)に用いる発赤毒素(Dick毒素:erythrogenic toxin)の標準希釈液は、強毒菌株を2%ブドウ糖加ブイヨンにて培養し、培養液を濾過して、100倍以上に希釈した毒素液が用いられた(mg N当たり、約106 skin test dose).
 A群溶連菌でも、株によって、発赤毒素の産生量や質が、異なる。
 C群溶連菌や、G群溶連菌も、発赤毒素を産生し得る。

 参考文献
 ・小川英治、小川婦美子、金子克、本田寿子:目でみる小児科 溶連菌性咽頭炎、小児科、第24巻・第2号、巻頭(1983年).
 ・小川英治:図譜 小児感染症口内咽頭所見 その1 溶連菌感染症、日本小児科医会会報、No.13、113-120、1997年.
 ・小川英治:口を診る 小児感染症の口内所見 診断の決定的手掛かりになる例も、NIKKEI MEDICAL、108-111頁、1988年8月10日号.
 ・伊東裕:風疹の口内疹写真 診断の手掛かりのひとつに、NIKKEI MEDICAL、62-64頁、1985年7月10日号.
 ・大国寿土、留目優子、山本隆彰:リウマチ熱の病因についての知見 小児内科 Vol.17 No.3、365-374、1985年.
 ・中沢秀夫、他:溶連菌感染症 最近の猩紅熱、小児科、Vol.20 No.10、1039-1049頁、1979年.
 ・岩崎恵美子:A群溶血性レンサ球菌感染症、感染症の診断・治療ガイドライン2004、日本医師会雑誌 臨時増刊、第132巻・第12号、230-231、2004年.
 ・岩崎恵美子:劇症型A群溶血性レンサ球菌感染症、感染症の診断・治療ガイドライン2004、日本医師会雑誌 臨時増刊、第132巻・第12号、202-205、2004年.
 ・城宏輔:細菌感染症(寄生虫を含む) 溶連菌感染症、実践小児診療、日本医師会雑誌 特別号、Vol.129 No.12、S205-207、平成15年(2003年).
 ・市橋保雄、他:急性伝染性疾患 猩紅熱、小児科学、791-792頁、1975年第3版(医学書院、1960年第1版発行).
 ・木村三生夫、柳下徳雄:カラー図説 発疹症、1982年第1版第3刷(東京医学社、1978年第1版第1刷発行).
 ・雪下國雄:感染症法に基づく医師の届出基準、日本医師会(平成18年3月20日、発行).
 ・山田俊彦:レンサ球菌の分類とその特徴、小児内科、Vol.21 No.6、813-816、1989年.
 ・中島邦夫:A群レンサ球菌感染症の疫学、小児内科、Vol.21 No.6、821-829、1989年.
 ・留目優子、大国寿土:A群レンサ球菌の菌体成分とその抗体、小児内科、Vol.21 No.6、835-841、1989年.
 ・勝亦慶人、河村修、古沢信行:レンサ球菌感染症−急性糸球体腎炎、小児内科、Vol.21 No.6、857-862、1989年.
 ・渡辺言夫:レンサ球菌感染症−リウマチ熱、小児内科、Vol.21 No.6、863-866、1989年.
 ・小林登、他:細菌感染症 3.連鎖球菌感染症、新小児医学体系 第20巻D、小児感染病学IV、35-62頁、1984年(中山書店).
 ・リウマチ熱、リウマチ入門 第10版[日本語版]、296-301頁、日本リウマチ学会編集(萬有製薬株式会社発行、1996年).
 ・飯田廣夫:連鎖球菌、感染症、62-78頁、理工学社(1981年).
 ・ストレップAテストパック・プラス(添付文書、アボットジャパン株式会社、2003年).
 ・緒方一喜、宮本泰、他:座談会 川崎病の病因をめぐって、MEDICO Vol.14 No.6、24-30頁、1983年.
 ・河合忠、本間光夫:感染・アレルギー・免疫病学、医学書院(1978年第1版第1刷).
 ・James Todd: Streptococcal infections, Nelson Textbook of Pediatrics (15th Edition), 750-754.
 ・James Todd: Rheumatic Fever, Nelson Textbook of Pediatrics (15th Edition), 754-760.
 ・Gary L. Darmstadt, et al: Cutaneous Bacterial Infections Impetigo, Nelson Textbook of Pediatrics (15th Edition), 1890-1890.

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO