Oisix(おいしっくす) DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

 シアル酸
 
 シアル酸(sialic acid)は、唾液(sialo)ムチンから酸水解によって得られる、酸性のアミノ糖として発見された。

 1.シアル酸
 シアル酸は、NeuAc(N-アセチルノイラミン酸:N-acetylneuraminic acid、Neu5Ac)が最も多く、次いで、NeuGc(N-グリコリルノイラミン酸:N-glycolylneuraminic acid、Neu5Gc)が占めている。
 CMP-NeuAc水酸化酵素(cytidine monophospho-N-acetylneuraminic acid hydroxylase)により、NeuAcから、NeuGcが生成される。ヒトでは、CMP-NeuAc水酸化酵素が欠損していて、正常組織の糖脂質や糖蛋白質には、NeuGcは、存在しない。
 ヒトでは、NeuGcを含む糖鎖を、免疫系は異質な糖鎖として認識し、抗体産生が起こるとされる。また、NeuGcは、神経系で見い出されない。インフルエンザウイルスA、ロタウイルス、大腸菌(K99株)などは、レクチンを介して、細胞のNeuGcと結合すると言う。

 シアル酸は、糖脂質や糖蛋白に結合(シアリル化)して、糖鎖を形成する。
 シアル酸は、COOH基を持つため、陰性荷電(マイナスの電荷)を有しており、細胞接着、分化、神経線維の発達などに関係している。
 シアル酸を含む糖鎖により、血管内皮細胞と、赤血球やリンパ球は、陰性荷電(陰性苛電)により反発し、癒着が防止される。

 シアル酸が結合した糖鎖を有する糖蛋白質や糖脂質は、シアル酸の陰性荷電により、陰性荷電を有する血管内皮細胞などと、電気的に反撥し、肝臓での分解を逃れる。
 EPO(エリスロポエチン)には、糖鎖が結合している。EPOの糖鎖のシアル酸を外すと、in vitro(試験管内)では、EPOの活性は、3倍になる。しかし、糖鎖を完全になくすと、EPOの活性は、なくなる。また、EPOの糖鎖のシアル酸を外すと、in vivo(生体内)では、肝臓でEPOが分解されてしまい、EPOの活性は、なくなる。
 遺伝子工学の遺伝子組み換え技術(recombinant DNA technology)で合成した蛋白質は、糖鎖を結合させないと、本来の生理活性を持った蛋白質にはならない。

 糖鎖を構成する単糖である、シアル酸のNeuAc、NeuGcと、グルコース(Glucose:Glc)、マンノース(Mannose:Man)、N-アセチルグルコサミン(GlcNAc)、N-アセチルガラクトサミン(GalNAc)を、比較出来る様に、下図にまとめた。
 2.血清シアル酸
 血清シアル値は、年齢と共に、減少する。
 
 正常児(2〜15歳)の血清シアル酸値は、59.5±8.1mg/dl。
 かぜ症候群(急性上気道炎、気管支炎)の患児では、血清シアル酸値は、74.7±13.9mg/dlで、正常児より高値を示す。麻疹、腺窩性扁桃腺炎、川崎病などの患児も、血清シアル酸値は、正常児より高値を示す。
 
 血清シアル酸値は、有熱期間が長いと、より高値を示す。血清CRPは、発熱早期から高値に上昇する。

 参考文献

 ・宮本幹夫、宮本恵司:急性感染症における血清シアル酸−CRP・血沈値との解離に関する検討− 小児科 Vol.28 No.7、869-874、1987年.

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO