Oisix(おいしっくす) DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】 HP Directplus オンラインストア 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

 神経ペプチド

 気道に存在する神経ペプチド(神経ペプタイド:neuropeptide)としては、副交感神経に存在するVIP、知覚神経C線維の末端に存在するSP、NKA、CGRPなどが、知られている。
 SP、NKAは、タキキニン(タヒキニン)と呼ばれる
 知覚神経のC線維の末端には、タキキニンである、NKAが、存在する。
 タキキニンは、ヒスタミンなどにより、知覚神経が刺激されると、軸索反射により放出される。
 迷走神経(副交感神経)を刺激すると、SPなどのタキキニンが、C線維の末端から放出され、血管透過性が亢進し、血漿が血管外に漏出し、浮腫により、皮膚に膨疹が生じる。

 ヒトの気道の平滑筋には、副交感神経が分布している(交感神経の分布は明らかでない)。
 気道の副交感神経の末端では、アセチルコリン(Ach)と共存して、VIP(vasoactive intestinal peptide)などの神経ペプチドが共存する。
 また、気道上皮の間隙や、平滑筋に分布しているC線維の末端には、SP、NKA、CGRPなどの神経ペプチドが存在する。
 インフルエンザなどの感染や、好酸球から放出されるMBPなどにより、気道上皮が障害されると、知覚神経のC線維末端が、露出し、刺激を受け易くなり、気道が過敏になる。

 軸索反射などで、C線維の末端から放出される神経ペプチドは、平滑筋収縮(気道収縮、気管支収縮)、血管拡張(皮膚発赤、血流増加)、血管透過性亢進(血漿蛋白漏出による浮腫、粘膜の腫脹、皮膚の膨疹)、粘液分泌亢進、肥満細胞活性化(ヒスタミン遊離)などの作用を示す。

 表 神経ペプチドの作用
 作用  SP  NKA  CGRP  VIP
 平滑筋収縮(気道収縮)  +  +  +  拡張
 血管拡張(皮膚発赤)  +  +  +  +
 血管透過性亢進(血漿蛋白漏出)  +  +  −  −
 粘液分泌亢進  +  +  +  +
 肥満細胞活性化(ヒスタミン遊離)  +  +  +  +
 1.VIP
 VIP(vasoactive intestinal peptide)は、28ケのアミノ酸からなる神経ペプチドで、血管平滑筋には強力な拡張作用を、気道平滑筋には強力な弛緩作用を示す。
 VIPは、平滑筋に存在する特異的受容体に結合し、アデニル酸シクラーゼ(AC)活性を上昇させ、細胞内cAMP濃度を増加させ、平滑筋を弛緩させる。
 VIPは、気道の粘膜下腺に作用する:VIPは、漿液分泌細胞より、粘液分泌細胞に、強く作用する(分泌を促進する)。
 VIPは、気道平滑筋を弛緩させ、活性酸素(oxygen radical)を排除し、炎症を抑制すると考えられる。

 2.SP
 SP(Subsatnce-P)は、11ケのアミノ酸からなる神経ペプチド。
 SPには、平滑筋収縮(気管支収縮、腸管収縮)、血管拡張、血管透過性亢進、粘液分泌、肥満細胞からのヒスタミン遊離などの作用がある。
 SPは、主として、C線維に発現していて、軸索流に乗って、終末(ポリモーダル受容器)に運ばれる。
 SPは、気道上皮のNK-1受容体(タキキニンの受容体)に作用し、PGE2血管透過性を亢進させ、腫脹浮腫などを来たす)などを放出させる。
 SPは、粘膜下腺の粘液分泌細胞に作用してグリコプロテイン(糖蛋白)を、漿液分泌細胞に作用して、ライソゾームを放出させる。
 SPは、末梢気道の杯細胞の粘液分泌を亢進させる。
 SP、NKA(Neurokinin A)、NKB(Neurokinin B)は、タキキニン(tachykinin:タヒキニン)と、呼ばれる。

 3.CGRP
 CGRP(calcitonin gene-related peptide:カルシトニン遺伝子関連ペプチド)は、37ケのアミノ酸からなる神経ペプチド。
 CGRPは、ポリモーダル受容器である、知覚神経C線維の末端に存在する。
 CGRPは、C線維から、SPと共に放出され、血管内皮細胞に作用し、NO(一酸化窒素)を産生させ、強力な血管拡張作用を示す。NOは、COX-1を活性化させ、PGI2産生を高め、微小循環を、維持する。 

 4.神経原性炎症(neurogenic inflammation)
 肥満細胞は、表面のIgE抗体が、抗原により架橋されると、ヒスタミンなどのメディエーターを放出すると同時に、IL-4、IL-5などのサイトカインを産生する。
 IL-5は、好酸球を走化(遊走浸潤)させる。
 好酸球からは、細胞障害作用のある、MBP(major basic protein:主要塩基性蛋白)、ECP(eosinophilic cationic protein:好酸球陽イオン蛋白)、EPO(eosinophilic peroxidase)が、放出される。これらの物質は、気道上皮を障害するので、上皮間隙や上皮直下に分布している知覚神経のC線維末端が、露出し、刺激を受け易くなり、気道が過敏になる。また、ヒスタミンにより、知覚神経のC線維が刺激されると、刺激は、神経系により、上行性に中枢に伝達されると同時に、軸索反射により、逆行性に末梢に伝達され、C線維末端より、SP、NKAが放出される。その結果、気道炎症が、亢進(増悪)する。
 ヒスタミン以外にも、内因性のブラジキニン、外因性のカプサイシンなどは、C線維末端から、タキキニンを放出させ、神経原性炎症を引き起こす。

 5.神経ペプチドの分解
 放出されたタキキニンや神経ペプチドは、主に、気道上皮(基底細胞)で産生されるNEP(neutral endopeptidase)により、不活化される。
 気道上皮が、インフルエンザなどのウイルス感染、喫煙、オゾンの吸入などで障害される(気道上皮が剥離する)と、気道上皮由来のNEPが低下して、SPなどタキキニンの作用が、強く現れる。

 気道上皮で産生されるACE(キニナーゼII)も、タキキニンや神経ペプチドを、不活化する。従って、降圧剤でも、ACE阻害剤を服用すると、SPなどのタキキニンや、ブラジキニンの不活化も阻害され、C線維が刺激されるので、空咳が出現することがある。

 参考文献
 ・矢田純一:アレルギーの発現機序とその制御 小児科 35:1167-1174, 1994.
 ・浜崎雄平:気道炎症と神経ペプタイド 小児科 36:789-796, 1995. 

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO