ファースト年間常設バナー Oisix(おいしっくす) DHCオンラインショップ

 RSウイルス感染症

 1.RSウイルス
 RSウイルス(Respiratory syncytial virus)は、特に、1歳未満の子供さんが感染すると、肺炎(細気管支炎)などを起こし、重症化することが多いので注意が必要。
 RSウイルスは、飛沫感染(大きな呼吸器飛沫)や接触感染(ウイルスが付着した手で触って)により、鼻や眼(結膜)から侵入し、感染する。RSウイルスの感染予防には、手洗いやマスクの着用が有用。
 RSウイルスは、発症7〜10日後(最長3週間以上)も、鼻汁や痰の中に存在する(感染源になる)。

 RSウイルスが免疫のない子供さんに感染すると、1週間以内に、鼻水、発熱などの症状が現れ、次第に、咳、喘鳴(息を吐く時にゼーゼーやヒューヒューと音がする)が現れる。
 RSウイルス感染に伴う鼻水(鼻汁)は、粘稠のことが多いインフルエンザの時の鼻水は、無色透明で粘度が少ないことが多いが、時に、細菌感 染を合併すると黄色になることもある。
 咳が強かったり、喘鳴があり息が苦しそうな場合には、早期に、医療機関で診察を受ける必要がある。

 RSウイルスに感染しているかどうかは、鼻汁などを調べることで、迅速診断が可能。

 RSウイルスは、予防接種で防ぐことは出来ないが、抗体(医薬品名:シナジス筋注用)を注射して防ぐことは可能(保険適応は、未熟児や、重度の先天性心疾患がある子供さんに限られている)。

 RSウイルスは、従来は、冬季に流行したが、近年は、他の季節(夏季など)にも、流行が見られる。
 従来、RSウイルスは、温帯地域の日本、米国、英国では、初冬〜早春に流行が起こった。RSウイルスの流行は、早い年は12月にピークになり、遅い年は3月にピークになった。流行は、大体、3ヶ月間続く。
 RSウイルスの流行は、亜熱帯地域のトリニダットでは、温帯地域と異なり、雨期の6〜12月に起こる。

 熱型は、RSウイルスでは、弛張熱(remittent fever)のことが多い。発熱期間は、3〜5日程度(最長10日出た症例有り)。
 RSウイルスは、2歳以下の喘鳴の原因として多い。2〜16歳の喘鳴は、ライノウイルスが原因のことがある(Gary等)。
 RSウイルスが原因の細気管支炎で入院した乳幼児(月齢3〜36カ月)は、ロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)のモンテルカスト(医薬品名:キプレス、シングレア)を投与する(内服させる)と、臨床症状の悪化が有意に減少する(Bisgaad等)。

 RSウイルスは、インフルエンザウイルスとの重複感染も起こる。

 表 疾患と熱型と発熱期間
 疾患  原因  熱型  発熱期間  潜伏期間  鼻汁  咳嗽
 インフルエンザ  インフルエンザウイルス  稽留熱〜弛張熱(二峰性発熱)  3〜7日  1〜3日  +  +
 川崎病(MCLS)  不明  稽留熱  1〜2週  不明  +  ±
 急性気管支炎  パラインフルエンザウイルス  弛張熱(39℃以下、下痢、嘔吐あり)  4〜5日  4〜5日  ±  +(咽頭痛)
 (喘息様)気管支炎  ヒトメタニューモウイルス  (咳の後に発熱する、2〜6月に流行)  4.7日  3〜5日  ±  +(下痢)
 細気管支炎  RSウイルス  弛張熱(飛沫感染、接触感染、鼻汁は粘稠)  3〜5日  4日(2〜8日)  +  +(喘鳴)
 サルモネラ胃腸炎  サルモネラ菌  弛張熱(非敗血症型の腸チフスは稽留熱)a)  3〜7日  6〜48時間  −  −
 若年性関節リウマチ  不明(自己免疫疾患)  弛張熱  数週  不明  −  −
 猩紅熱  A群β溶血性連鎖球菌  稽留熱  3〜7日  1〜5日  ±  −
 滲出性扁桃腺炎  アデノウイルス  稽留熱〜弛張熱(高熱)  3〜7日  5〜7日  ±  ±(湿性)
 水痘  水痘帯状疱疹ウイルス  稽留熱  1〜6日  14日(9〜21日)  −  −
 大葉性肺炎  肺炎球菌  稽留熱(WBC数↑、杆状核好中球↑)  数日  1〜3日  ±  +
 チフス性疾患  チフス菌、パラチフスA菌  稽留熱→弛張熱(比較的徐脈)a)  数週  10〜14 日(3日〜3カ月)  −  −
 伝染性紅斑(リンゴ病)  パルボウイルスB19  稽留熱(弛張熱の場合もあり)  数日  10〜20日b)  −  −
 伝染性単核球症  Epstein-Barrウイルス(EBV  弛張熱(扁桃腺炎、頚部リンパ節腫脹を伴う)  数週  2〜8週  ±  −
 突発性発疹  HHV-6、HHV-7  稽留熱(弛張熱の場合もあり)  3〜5日  約10日  −  −
 白色便性下痢症  ロタウイルス  稽留熱(嘔吐、下痢を伴う)  2日以内  48時間以内(1〜4日)  +  +
 風疹  風疹ウイルス  稽留熱(40〜60%)  1〜3日  2〜3週  ±  ±
 ヘルパンギーナ  エンテロウイルスc)  稽留熱〜弛張熱(扁桃腺炎を伴う)  3〜7日  3日(1週以内)  −  −
 ヘルペス性歯肉口内炎  単純ヘルペスウイルス  (稽留熱→)弛張熱(頚部リンパ節腫脹有り)  3〜6日  3〜12日  ±  −
 麻疹(はしか)  麻疹ウイルス  稽留熱(二峰性発熱)  7日  9〜12日  +  +
 マイコプラズマ肺炎  マイコプラズマ・ニューモニエ  稽留熱〜弛張熱(CRP高くならず、比較的徐脈)   1〜2週  2〜3週(1〜4週)  −  +(乾性)
 流行性耳下腺炎  ムンプスウイルス  (稽留熱:WBC数は減少しリンパ球数が増加)  3〜5日  18日(12〜25日)  −  −
 a)サルモネラ胃腸炎では、弛張熱が見られる。チフス性疾患(腸チフス)では、第1病週(腸管リンパ組織内で菌が増殖し菌血症により全身感染する)に段階的体温上昇(39〜40℃)と共に、比較的徐脈、肝j脾腫、バラ疹が見られ、第2病週(腸管リンパ組織が壊死を起こし痂皮を形成する)に稽留熱が見られ、第3病週(腸管リンパ組織の痂皮が剥がれ潰瘍を形成し出血する)に弛張熱になり、腸出血や腸穿孔が見られ、第4病週(潰瘍などが修復される)に解熱する。チフス性疾患では、典型的には、病初期(第1病週)に白血球数が減少しリンパ球数が増加すると言われて来たが、第2病週以内に白血球数が正常か増加し、好中球優位(好中球の割合が増加しリンパ球の割合が減少する)のことが多い。
 b):ウイルス感染してから7〜9日後に発熱し(微熱)、更に、7〜10日後に、発疹(紅斑)が現れる。
 c):ヘルパンギーナは、エンテロウイルスでも、コクサッキーウイルス、特に、B群のコクサッキーウイルス(Coxsackievirus B)が原因で発症する。ヘルパンギーナは、エンテロウイルスでもコクサッキーウイルス(特にCoxsackievirus B3など)が原因で発症する。ヘルパンギーナでは、ヘルペス性歯肉口内炎の際の様に、口蓋垂の周囲にアフタ(潰瘍)が生じるが、ヘルペス性歯肉口内炎の際の様に、咽頭後壁に顆粒(リンパ濾胞)にアフタ(潰瘍)が現れることはない。また、ヘルパンギーナでは、滲出性扁桃腺炎を合併し、後に、口内炎が現れるが、ヘルペス性歯肉口内炎と異なり、歯肉炎や口周囲の水疱や、頚部リンパ節炎を合併しない。ヘルパンギーナは、鼻水(鼻汁)や咳(咳嗽)が現れない点が、アデノウイルス感染症との相違点。
 RSウイルス感染症では、発熱時に、白血球数(WBC数)が増加(10,000以上)することがある:好中球が優位に増加する(白血球像で、好中球が90%以上の症例あり)。
 RSウイルス感染症では、CRP値は上昇しないことが多いが、上昇(6mg/dl以上)する症例も存在する(肺炎球菌などの混合感染に注意が必要)。

 RSウイルスは、毎年、生後3〜4月の乳児に多く流行する点が、ヒトに感染するウイルスとしては独特である。
 乳児の血液中には、母親から胎児時期に胎盤を経て貰ったRSウイルスに対する血中IgG抗体(移行抗体)が存在する。RSウイルスに対するIgG抗体は、高濃度に存在しても、十分にRSウイルスから乳児を防御出来ないと言われる。血中のRSウイルスに対するIgG抗体は、生後4〜6週までの新生児(乳児:移行抗体が少ない未熟児を除く)が、RSウイルスに感染しても、重症化を防ぐ効果がある。
 母乳栄養は、女児がRSウイルスに感染しても重症化することを、かなり防ぐが、男児の重症化を防がない。

 RSウイルスは、典型的には、最初、鼻水で始まる。咳は、鼻水と同時か、しばしば鼻水が出始めた1〜3日後に、現れる。鼻水が出始めて1〜3日後に咳が出始めた頃、くしゃみ(sneezing)や、微熱が始まる。咳が出始めて、すぐに、細気管支炎を併発した乳児は、喘鳴(wheeze)が聞き取れるようになる。病気が軽症な場合、これ以上、症状は進行しない。

 RSウイルスは、麻疹ウイルス(Paramyxovirus科Morbillivirus属の一本鎖RNAウイルス)と同様に、Paramyxovirus科Pneumovirus属のRNAウイルス。
 経過中に、麻疹と同様に、口腔内にコプリック斑様の白色物や、発疹が現れることがある。

 RSウイルス感染症の鼻水は、インフルエンザの時の鼻水より、粘稠のことがある。
 RSウイルス感染症では、下痢、眼瞼結膜充血が見られることがある。 

 RSウイルスによる下気道炎(細気管支炎など)は、男児の方が多い。
 6歳以下の男児の罹患率は2.4、女児は1.5(Chapel Hillでのデータ)。
 入院患者も、男児の方が、女児より30%多い。
 RSウイルスは、家庭内には、年長児により持ち込まれることが多い。RSウイルスの二次感染は、全症例の27%が家庭内で起こる。乳児例の45%は、家庭内で二次感染して発症する。

 2.クループ
 パラインフルエンザウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、RSウイルスなどは、仮性クループ(急性喉頭気管炎)を起こすことがある。

 仮性クループ(急性喉頭気管炎)は、犬の遠吠えのような咳(犬吠様咳嗽:けんばいようがいそう)がして、声がかすれる(嗄声:させい:声がしゃがれる)が、夜間などに見らられ、吸気性呼吸困難(吸気性喘鳴)になるのが特徴。
 <仮性クループに特有な咳発作の録音テープを聞くには、ここをクリック>

 仮性クループ(急性喉頭炎)は、喉部の気道が、炎症性腫脹により、狭くなる。

 真性クループは、ジフテリア菌が原因で、起こる(喉頭ジフテリア)。

 仮性クループの際に見られる、犬吠様咳嗽、嗄声、吸気性喘鳴などの症状は、他の喉頭疾患でも見られることから、クループ症候群と呼ぶこともある。
 犬吠様咳嗽、嗄声、吸気性喘鳴などの呼吸困難症状は、3〜4日間程度、続くことが多い。

 クループ症候群は、喉頭気管炎(喉頭気管気管支炎:狭義のクループ)、急性喉頭蓋炎、細菌性気管炎など、感染症が原因で起こることが多い(感染性クループ)。また、クループ症候群は、声門下狭窄、喉頭異物、喉頭腫瘍(血管腫)、血管神経性浮腫、痙性クループ(アレルギー素因が関与する)など、非感染性の原因で起こることもある。

 クループでは、犬吠様咳嗽、呼気性喘鳴、嗄声、発熱などの症状が現れる・
 ・急性喉頭気管気管支炎:最も多い。7カ月〜3歳の小児に好発する。パラインフルエンザ、アデノウイルス、RSウイルス、麻疹ウイルスなどが原因。典型的には、2〜3日間、上気道炎症状(鼻水、咳、咽頭痛、微熱など)があった後、犬吠様咳嗽、呼気性喘鳴などが現れる。気道閉塞症状は、3〜4日間続いくが、その後、徐々に1週間程で軽快する。
 ・急性喉頭蓋炎:頻度は稀。致死率は高い。インフルエンザ菌(Hib)が原因のことが多い。2〜6歳の小児に好発する。先行する上気道炎症状がなく、急に、高熱、咽頭痛で発症する。喘鳴は、低調性のことが多い(ゴロゴロした感じに聞こえる)。患児は、座位で下顎を突き出した姿勢をとる(sniffing position)。診断には、頚部の側面X-P写真が有用。短時間で窒息状態に陥ることがあるので、刺激をしないようにして、専門の医療機関に送る(咽頭培養は呼吸停止を誘発するおそれがある。不要な注射などは避けて泣かせないようにする)。血液培養を行う。

 クループの治療としては、エピネフリン吸入(エピネフリン0.2〜0.3mlを生理食塩水1〜2mlと混ぜて吸入)、ステロイド薬投与(デキサメサゾンを、初回0.5mg/kg筋注、以後、6〜8時間毎0.2mg/kg投与)、抗生剤投与(アンピシリン、セフォタキシムを静脈注射:急性喉頭蓋炎や細菌性気管支炎の場合)などが行われる。

 クループ(喉頭気管気管支炎)は、7カ月〜3歳の小児が、発症することが多い。
 クループは、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルス、RSウイルス、麻疹ウイルスなどのウイルスが、原因となることが多い。

 3.迅速診断

 RSウイルス感染症であるかどうかは、インフルエンザと同様に、鼻水(鼻腔液)を採取することで、迅速診断が可能。
 ただし、3歳未満の入院患児でないと、保険適応がない(外来では、医療機関のサービスで行なわれることが多い)。
 しかし、平成23年10月17日より、RSウイルスの迅速診断の検査(RSウイルス抗原精密検査:RSウイルス抗原定性)は、一部、外来患者(乳児=1歳未満の小児)にも、保険が適応されるようになった。すなわち、RSウイルス感染症が疑われる、1歳未満の乳児、入院中の患者、パリビズマブ製剤(シナジス)の適応となる患者には、RSウイルスの迅速診断の検査(RSウイルス抗原精密検査)が保険適応される。
 RSウイルスの迅速診断は、全例に行うのでなく、気管支炎合併など重症例に行わないと、キットも不足するおそれがある。

RSウイルス迅速診断陽性例(BD RSVエグザマン)

RSウイルス迅速診断陽性例(チェックRSV):鼻腔を綿棒で擦って鼻水を採取、1歳男児
 RSウイルスの迅速診断のためには、検体は、後鼻腔(上咽頭)から採取した方が、咽頭から採取するより、陽性率が高いと言う(鼻咽頭分泌液を吸引採取するのが良い)。しかし、乳幼児は、鼻孔が細いので、カテーテルを用いて鼻咽頭分泌液(鼻汁)を吸引採取するより、細い(柔らかな)綿棒を用いて、鼻腔内の鼻汁を採取する方が、侵襲が少ないと思われる。 
 鼻咽頭分泌液(鼻汁)中には、RSウイルスは、104〜106TCID50/ml存在するが、RSウイルス迅速診断キットの検出感度は、103〜104PFU/mlと言われる(TCID50:50% Tissue Culture Infectious Dose、PFU:Plaque Forming Unit)。

 米国食品医薬局(FDA)は、2008年(平成20年)に、12種類の呼吸器ウイルスを検出・同定可能な検査キットxTAG Respiratory Viral Panel(RVP)の上市を承認した。
 xTAG Respiratory Viral Panel(RVP)が検出・同定可能なウイルスは、インフルエンザA型、インフルエンザAH1、インフルエンザAH3、インフルエンザB型、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)、RSウイルスA型、RSウイルスB型、パラインフルエンザ1型、パラインフルエンザ2型、パラインフルエンザ3型、ライノウイルス、アデノウイルス。ヒトメタニューモウイルス(hMPV)を検出するキットとしては、最初の検査キットとなる。
 xTAG Respiratory Viral Panel(RVP)は、カナダ・トロントのLuminex Molecular Diagnostics社が製造している。

 4.治療
 RSウイルス細気管支炎では、ステロイド剤(デキサメサゾン0.4mg/kg)を1回皮下注すると、入院する症例が減少すると言う。
 しかし、ステロイド剤(デキサメサゾンで1mg/kg)の1回投与は、重症の乳児の細気管支炎(喘息の既往のない2ヶ月から12ヶ月の乳児の症例)には、無効と言う報告もある。

 5.RSウイルス感染とTh1/Th2バランス 
 RSウイルス(RSV)は、感染すると、4〜6日(2〜8日)の潜伏期間の後に、細気管支炎を発症する。
 RSウイルス感染症(細気管支炎など)では、喘鳴を発病する。

 RSウイルスは、脂質外膜を有していて、G(attachment)、F(fusion)、SH(small hydrophobic)の3種類の表面蛋白が存在する。
 G蛋白は、RSウイルスが宿主細胞表面へ接着するのに必要で、F蛋白は、RSウイルスが宿主細胞内へ侵入するのに必要。G蛋白は、Th2サイトカイン(IL-4、IL-5)を産生させ、好酸球を遊走させる(好酸球浸潤を起こす)が、F蛋白は、Th1サイトカイン(IFN-γ)を産生させ、単核球浸潤を起こす(キラーT細胞を活性化・誘導する)。
 RSウイルスに対するキラーT細胞(細胞障害性Tリンパ球)を、免疫抑制マウスに注入すると、少量の場合は気道病変を来たさずにRSウイルスの増殖が抑制されるが、多量の場合は出血性肺臓炎が起こる(Th1細胞により、RSウイルスに対するキラーT細胞が過剰に誘導されると、RSウイルス感染症が重症化するおそれがある)。
 1960年代に米国でホルマリン不活化RSVワクチンの接種が試みられたが、ホルマリン不活化RSVワクチンは、RSウイルス感染症の予防効果がない上、接種を受けた児がRSウイルスに自然感染すると、重症化することがある。
 ホルマリン不活化RSVワクチンを接種後に、RSウイルスに自然感染し死亡した乳児は、肺に好中球や好酸球が著明に浸潤していた(通常、RSウイルスによる細気管支炎では、肺に好酸球や好中球の浸潤は認められない)。ホルマリン不活化RSVワクチンは、G蛋白を介して、Th2細胞を誘導し(Th2反応を起こす)、好酸球や好中球の著明な浸潤を起こす(好酸球の浸潤は、Th2細胞によるTh2サイトカインの産生や、肥満細胞などからのロイコトリエンの産生を示唆する)。
 RSウイルスによる細気管支炎では、鼻咽腔液中に含まれるTh2サイトカイン(IL-4、IL-5、IL-13)は検出感度以下と言われる(細気管支炎の発症には、Th2細胞による抗体産生の関与は少ないと考えられる)。細気管支炎や反復性喘息の児では、鼻咽頭液中のIFN-γ/IL-4比は、上気道炎の児に比して、有意に高値を示す。従って、(RSウイルスによる)細気管支炎では、(Th2細胞が優位な気管支)喘息と異なり、Th1細胞が優位に誘導されていると考えられる(RSウイルスによる細気管支炎では、Th1細胞により、キラーT細胞が誘導され、喘鳴を来たす)。

 シナジス(Synagis:Palivizumab:パリビズマブ)は、抗RSウイルスヒト化モノクローナル抗体(マウス抗RSウイルスモノクローナル抗体の相補性決定部位+ヒトIgG1定常部及び可変部フレーム配列)。
 シナジスは、RSウイルスのF蛋白(抗原部位A領域)に対する特異的ヒト化モノクローナル抗体。シナジスは、F蛋白(RSウイルスが宿主細胞に接着・侵入する際に重要な役割を果たす)に結合して、ウイルスの感染性を中和し、ウイルスの複製及び増殖を抑制する。
 シナジスは、適応がある新生児、乳児、幼児(24カ月齢以下の先天性心疾患患児など)に対して、RSウイルスの感染流行初期に、重篤な下気道疾患の発症抑制を目的として、体重当り15mg(15mg/kg)を、月1回、筋肉注射する(注射量が1mLを越える場合には、分割投与する)。
 シナジスは、RSウイルスに特異的に作用するので、予防接種(ワクチン接種)による免疫応答を妨げないと考えられている(シナジス投与を受けた児は、三種混合予防接種や、BCG予防接種などを受けても構わない)。

 RSウイルスによる細気管支炎の患児(2歳未満)に、デキサメサゾン(DEX)を単回0.4mg/kg皮下注射すると、抗炎症作用により下気道症状の増悪が抑制され、入院率が低下すると言う。

 6.その他
 ・ウイルス感染(RSウイルスなど)で喘鳴を来たした患児は、鼻汁中のLTC4(CysLT2受容体に結合する)濃度が、有意に上昇していると言う。

 参考文献
 ・大黒一成、他:発熱を伴なう冬季の小児上気道感染症の原因ウイルス検索 小児科臨床 Vol.52 No.5、813-816、1999年.
 ・細谷光亮:MS4-1 RSウイルス迅速診断の有用性と問題、第111回日本小児科学会学術集会、抄録、日本小児科学会雑誌、第112巻・第2号、183頁、2008年.
 ・12種類のウイルスを同時検出 FDAが検査キットの上市を承認、Medical Tribune、2008年3月6日号、Vol.41 No.10、5頁.
 ・James E. Crowe, Jr.: Chapter 258 Human Metapneumovirus, 1391-1393, Nelson Textbook of Pediatrics (18th Edition, 2007).
 ・Gary P, et al.: Am J Resp Crit Care Med 159: 785, 1999.
 ・Bisgaad H. et al.: N Eng J Med 354: 1988, 2006.
 ・James E. Crowe Jr.: Chapter 252 Respiratory Syncytial Virus, 11261-1129, Nelson Textbook of Pediatrics (19th Edition, 2011).

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO