DHCオンラインショップ ファースト年間常設バナー Oisix(おいしっくす) 

 EBウイルス

 EBウイルス(Epstein-Barr virus::EBV)は、初感染時に、滲出性扁桃腺炎などの症状を来たす。
 EBウイルスは、感染したB細胞(Bリンパ球)を形質転換(transform)させ、増殖させる作用がある。
 EBウイルスは、他のヘルペス系ウイルスと同様に、一度感染すると、体内に終生潜伏感染する。

 1.EBウイルスと疾患
 EBウイルス(Epstein-Barr virus::EBV)は、唾液を介して、感染する。EBウイルス(EBV)に初感染しても、不顕性感染で終わることもある。
 EBウイルスに、乳幼児が、初感染すると、2〜8週間の潜伏期間の後、軽い感冒様症状や、扁桃腺炎の症状を発症することがある。

 EBウイルスは、水痘など他のヘルペス系ウイルスと同様に、初感染時期が遅いと、重症な経過を辿る傾向がある:EBウイルスに、年長児や、成人が、初感染すると、伝染性単核症(infectious mononucleosis:IM)として発症することが多い。
 伝染性単核症は、発熱、咽頭痛、リンパ節腫脹を3主徴とする:伝染性単核症は、EBウイルスが、キスなどにより、唾液を介して経口感染した後、3〜5週間の潜伏期間の後、発症する。伝染性単核症の潜伏期間に関しては、キス(唾液の交換)で感染した場合は38日(Heath等)と言われる。潜伏期間は、一般には、30〜50日、特に、30〜40日が多いが、小児では10〜14日と言われる。その他、4〜14日(Bernstein)、33〜49日(Hoaglend)とする報告もある。
 伝染性単核症では、発熱(38℃以上の高熱が、1〜2週間続く)、扁桃腺炎(
白色の膿が帯状に付着する滲出性扁桃腺炎、注1)・咽頭炎、頚部リンパ節腫脹(約90%の症例に見られる)、肝脾腫(約60〜90%の症例に見られる)、眼瞼浮腫(20〜30%程度の症例に見られる)、発疹、関節痛などを来たす。伝染性単核球症(EBV感染症)では、熱型は弛張熱を示す。
 伝染性単核症では、発熱(1〜2週間持続する)、咽頭痛(扁桃腺炎)、頚部リンパ節腫脹が現れる。特に、小児では、肝脾腫も見られることがある。口蓋出血斑(12.5%)、発疹(31.4%)、眼瞼浮腫(30.4%)も見られることがある。
 伝染性単核症では、血液検査で、リンパ球が増加し、異型リンパ球(数%〜50%)が現れる。白血球数も増加する。白血球数は、10,000〜20,000、時に、30,000〜80,000まで増加する。また、ASTやALTが上昇する(300〜500IU/L程度)ことが多い。
 EBウイルスに初感染してから、伝染性単核症を発症するまでの潜伏期間は、4〜6週間。
 伝染性単核症では、潜伏期間に、EBウイルスに感染し形質転換されたB細胞が、扁桃腺などのリンパ組織で増殖する。その後、そのEBV感染Bリンパ芽球様細胞(LCL)を、特異的に障害するCTL(CD8陽性キラーT細胞)が、増殖し、発熱などを伴って、伝染性単核症を発症する。その結果、伝染性単核症では、末梢血中には、CD8陽性Tリンパ球が増加し、それらの一部は活性化されている(HLA-DR陽性)為、異型リンパ球が増加する(注2)。伝染性単核症で、末梢血中に増加する異型リンパ球は、殆どは、EBV特異的CTL(CD8陽性キラーT細胞)であり、EBウイルスにより形質転換されたB細胞ではない。また、リンパ節や扁桃腺が、腫脹する。
 伝染性単核症では、病初期に、EBV-VCA-IgM抗体(生後18カ月以下の患児では陽性にならないことも多い)や、EB-VCA-IgG抗体,が陽性だが、EBNA抗体は、陰性。回復期には、EB-VCA-IgG抗体価が上昇する。EBNA抗体は、3〜6カ月程後に、陽性化する。

 単純ヘルペスウイルス(HSV)や、水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)の治療に用いられるACV(ビラックス)は、EBウイルスの複製を抑制する。
 ACV(ビラックス)は、伝染性単核症(IM)患者の口腔へのウイルス排出量を低下させるが、伝染性単核症の臨床経過を改善しない。

 EBウイルスは、日本では、1〜2歳で40%、3歳までに約80%の小児が感染する(抗体が陽性になる)。Burkittリンパ腫が多発するウガンダ地方では、2〜3歳で90%近くの小児が感染する。ブラジルでは、1〜3歳で100%の子供が感染する。米国の上流家庭では子供時期の感染が少なく、13〜20歳までに約30%の子供が感染するに過ぎず、低所得階級の(13〜20歳までの)子供でも50%と言われる。

 2.EBウイルスの腫瘍原性
 EBウイルスは、感染したB細胞を形質転換(トランスフォーム)し、腫瘍細胞のように増殖させる腫瘍原性がある(oncogenic virus)。

 1).Burkitt lymphoma
 赤道アフリカ地方の小児が多く発症するBurkitt lymphoma(endemic BL:eBL)は、90%以上が、EBウイルス陽性。eBLは、下額に好発するが、骨髄転移を起こしにくい。
 マラリア感染は、HIVと同様に、リンパ球の増殖を促進し、胚中心を拡大させる。マラリア感染は、リンパ球増殖を促進させ、EBウイルスによるeBL発症を促進させる(マラリア感染が、免疫力を低下させ、EBウイルスの腫瘍原性を高め、BLを発症させると考えられた時期もあった)。

 2).ホジキンリンパ腫

 ホジキンリンパ腫(Hodgkin lymphoma:HL)では、特徴的な、Hodgkin細胞や、Reed-Sternberg細胞(RS細胞)と言われる腫瘍細胞が、見られる。
(ホジキンリンパ腫:左頚部リンパ節)
 ホジキンリンパ腫は、近年の研究により、B細胞由来のBリンパ腫であると結論された。
 伝染性単核症(IM)の経過中にRS細胞様の細胞が出現する。
 伝染性単核症(IM)の既往がある人は、ホジキンリンパ腫の発症率が、有意に高い。
 1987年に、(ホジキンリンパ腫の)腫瘍細胞中にEBV DNAが検出された。
 ホジキンリンパ腫は、組織型によりEBV陽性率が異なる。 
 表1 EBV遺伝子発現パターンとEBV関連疾患(参考文献の藤原氏の表2を改変し引用)
 EBV遺伝子発現パターン   I型   II型   III型
 EBV遺伝子発現  EBNA1   +   +   +
 EBNA2   −   −   +
 EBNA3A〜3C   −   −   +
 EBNA-LP   −   −   +
 LMP1   −   +   +
 LMP2A/B   −   +   +
 EBER   +   +   +
 BART   +   +   +
 プロモーター活性  Qp   +   +   −
 Cp/Wp   −   +   +
 EBV関連疾患  バーキットリンパ腫(BL)、
 胃癌
 慢性活動性EBV感染症(CAEBV)、
 ホジキンリンパ腫(HL)、
 鼻性T/NK細胞リンパ腫
 LPD(リンパ増殖性疾患) 
 ホジキンリンパ腫(Hodgkin lymphoma)の場合、リンパ節は、柔らかく触知され、圧痛は無い。ホジキンリンパ腫(Hodgkin病)の場合、リンパ節は、初期には、多くは柔らかく弾力性がある(弾性軟)だが、後には、繊維化して軟骨様硬になる。圧痛は無いが、急速に腫大する際には、疼痛がある。表在皮膚が発赤したり、局所熱感があったり、化膿することは、稀。可動性はある。相互の癒着は無いが、稀に、腺塊が見られる。

 3.免疫不全とEBウイルス感染
 免疫不全の患者が、EBウイルスに初感染すると、EBウイルスにより形質転換されたB細胞(リンパ芽球様細胞株:LCL)が、体内で、白血病細胞の様に、無制限に増殖し、リンパ節、肝臓、腎臓など、多臓器に浸潤して、致死的な経過を辿ることがある。
 
 4.その他
 ・健康人では、EBVゲノム陽性細胞(EBウイルス感染B細胞)は、免疫系により、末梢血リンパ球の106〜107ケに1ケのレベルに抑えられている。

 ・EBウイルスは、感染した細胞(Bリンパ球)を形質転換させ増殖させる(transform infection)と言う特異な能力があるが、他のウイルスのように感染した細胞を破壊する能力もある(lytic infection)。

 ・マーモセット由来のB95-8細胞株は、培養上清中に、EBウイルスを放出する。B95-8細胞株は、伝染性単核球症の患者からのEBウイルスで、マーモセット(キヌザル)のリンパ球を形質転換(トランスフォーム)させ、樹立して培養細胞株と言われる。
 このEBウイルスを含む培養上清を、Bリンパ球に加え、培養フラスコ内で培養すると、形質転換(トランスフォーム)されたBリンパ球が、増殖する(LCLが樹立される)。
 しかし、B95-8細胞株の培養上清に含まれるEBウイルスは、細胞融解的(lytic infection)にも作用する性質が強く、LCLが長期培養出来ず、滅んで行く事があった。

 ・伝染性単核症では、ペニシリン系抗生剤を内服すると、発疹などアレルギー反応が現れることがあるので、抗生剤は、セフェム系かマクロライド系を用いる方が良い。

 注1:伝染性単核症では、扁桃腺に白色の膿が付着し、一見、化膿性扁桃腺炎(滲出性扁桃腺炎)の像を呈することが多い。また、軟口蓋に、出血性の粘膜疹が見られ、咽頭痛が出現することが多い。
 白色の膿が付着しているが、綿棒でスワブして細菌を検査(咽頭培養)しても、病原菌は、検出されない。しかし、伝染性単核症の扁桃腺から、混合感染により、同時に、A群溶血性連鎖球菌(溶連菌)が検出されることもある(1/3の伝染性単核症の症例に、溶連菌性扁桃腺炎を合併している)。
 伝染性単核症でも、溶連菌感染症でも、発疹が見られる:伝染性単核症による発疹は、麻疹様の発疹が、回復期に、溶連菌感染症による発疹は、猩紅熱型の発疹が、急性期に見られる。
伝染性単核症で見られたj発疹
溶連菌感染症(猩紅熱)による発疹
 滲出性扁桃腺炎(化膿性扁桃腺炎)は、EBウイルス以外に、アデノウイルス、エンテロウイルス、単純ヘルペスウイルス(HSV)等のウイルス性扁桃腺炎でも、見られる。アデノウイルスは、扁桃腺、アデノイド、腸組織、膀胱組織などに、数ヶ月から数年の期間、潜伏感染し、時に、少量のウイルスを排出し、他の固体に、感染する。アデノウイルスによる扁桃腺炎は、白色の膿(滲出物)が、線状、ないし微慢性(べったり)に、扁桃腺の表面に付着する。アデノウイルス感染症では、白血球数は増加し、好中球分画が増加する(好中球>リンパ球)。
 滲出性扁桃腺炎(化膿性扁桃腺炎)の細菌培養で、インフルエンザ菌、肺炎球菌、ブドウ球菌等が検出されても、扁桃腺炎の原因(で起炎菌)ないことが多い。細菌培養で、溶連菌(A群溶血性連鎖球菌)が検出された場合も、菌数が少ない場合は、起炎菌でないことが多い。
 小児の滲出性扁桃腺炎(膿のような滲出物を伴なう扁桃腺炎)の原因は、ウイルスが原因の場合が42%(内45%はアデノウイルスが原因)、溶連菌(A群溶血性連鎖球菌)が原因の場合が12%と言う報告もあると言う。
 咽頭培養(咽頭ぬぐい液)では、非感染時も、α連鎖球菌、γ連鎖球菌などの非病原常在菌のみならず、インフルエンザ菌、肺炎球菌など保菌状態にある細菌も、検出される(常在していて、宿主の免疫力が低下した際に、増殖して、病原性を示すことがある)。
 急性咽頭炎の原因となるウイルスには、アデノウイルス、ライノウイルス、コロナウイルス、コクサッキーウイルス、パラインフルエンザウイルス、インフルエンザウイルス、hMPV、RSウイルス、単純ヘルペスウイルス(歯肉口内炎、アフタも伴なう)、HHV-6やHHV-7(突発性発疹)、EBウイルス、サイトメガロウイルスなどがある。
 滲出性扁桃炎(152検体)から分離されたウイルスは、A型インフルエンザ(FluA)が7例、C型インフルエンザ(FluC)が3例、パラインフルエンザウイルスが5例、RSウイルス(RSV)が3例、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)が2例、ライノウイルス(Rhino)が1例、アデノウイルスが19例、エンテロウイルスのコクサッキーAウイルス(CoxA)が5例、コクサッキーBウイルス(CoxB)が15例、エコーウイルス(Echo)が19例、単純ヘルペスウイルス(HSV)が6例だったと言う報告もある(板垣等)。
 滲出性扁桃腺炎(化膿性扁桃腺炎)で、点状の膿栓が見られる時には、エンテロウイルスや、A型インフルエンザウイルス(FluA)や、C型インフルエンザ(FluC)や、パラインフルエンザウイルス(Para)が原因のことが多く、線状ないし微慢性(べったり)の膿栓が見られる時には、アデノウイルスが原因のことが多い。
 表2 滲出性扁桃腺炎を来たす疾患の鑑別
 疾患名  原因ウイルス  扁桃腺の滲出物  咽頭後壁のリンパ濾胞  口内炎  歯肉炎  頚部リンパ
 節腫脹
 形状  色  増殖  潰瘍形成
 ヘルペス性歯肉口内炎  単純ヘルペスウイルス  膜  白〜白黄  ++  ++  +  +  ++
 ヘルパンギーナ  コクサッキーウイルス  点、膜  白色  +〜−  −  +  −  −
 咽頭結膜熱  アデノウイルス  膜(厚)  白  +++  −〜+  −  −  +
 溶連菌感染症(猩紅熱)  A群β溶血性連鎖球菌  微慢性、線  黄白〜白  −〜+  −  −  −  ++
 伝染性単核球症  EBウイルス  膜、線  白  +〜−  −  −  −  +++
 滲出性扁桃腺炎での膿は、アデノウイルスが原因の場合は膜状に、エンテロウイルスが原因の場合は点状に、レンサ球菌(A群溶血性連鎖球菌)が原因の場合は腺窩性(線状)に付着することが多い。
 滲出性扁桃腺炎(化膿性扁桃腺炎)は、細菌より、ウイルスが原因のことが多い。
 ウイルス性滲出性扁桃腺炎の方が、細菌性滲出性扁桃腺炎より、最高発熱温度や、39度以上に発熱する率(発熱頻度)が高く、高熱が出る。
 滲出性扁桃腺炎は、咽頭炎2,125例中227例(10.7%)に認められ、128例で病原が陽性だった。
 病原として検出されたのは、エンテロウイルス35.2%、アデノウイルス27.3%、レンサ球菌(
A群β溶血性連鎖球菌)27.3%で、その他、単純ヘルペスウイルス、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌が検出された。レンサ球菌(A群溶血性連鎖球菌)による扁桃腺炎で、滲出性扁桃腺炎の所見を呈したのは、6%のみ(他の報告では、21〜25.5%)。
 病原別発症率では、アデノウイルス15.0%、エンテロウイルス8.1%、レンサ球菌(A群溶血性連鎖球菌)7.1%。
 アデノウイルスによる滲出性扁桃腺炎は、レンサ球菌(A群溶血性連鎖球菌)による滲出性扁桃腺炎に比し、白色の膿が、濃く膜状に付着するアデノウイルスによる滲出性扁桃腺炎は、白色の膿が、厚く(濃く)膜状に付着することが多い(線状や点状に付着することより多い)。アデノウイルスによる滲出性扁桃腺炎は、白色の膿が、厚く膜状に付着したり、薄く点状に付着したり、薄く腺窩性(線状)に付着したりする。
 レンサ球菌(A群溶血性連鎖球菌)による(滲出性)扁桃腺炎では、口蓋に点状出血斑が見られる(26%)。また、頚部リンパ節が、有痛性に腫脹する。

 ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症でも、滲出性扁桃腺炎(点状膿栓)の所見を呈する場合がある(21例中2例)。しかし、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症では、咽頭所見が、正常例(9例)、咽頭壁リンパ濾胞腫大(7例)、軟口蓋発赤(3例)も見られると言う(発疹例が1例)。
 ヒトメタニューモウイルス(hMPV)の潜伏期間は、4〜6日間と言われる。ヒトメタニューモウイルス(hMPV)は、家族内感染では、潜伏期間は4〜6日(平均5.7日)。咳が出てから、翌日に発熱することが多い。咳のみが症状の感染者から移された場合は、感染者が咳が出てから6日後頃に(6日程度の潜伏期間で)発症する。ヒトメタニューモウイルス(hMPV)は、RSウイルスより、潜伏期間が長い。
 ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症では、発熱(持続日数の中央値)は、0歳児は1日、1〜2歳児は3.5日、3〜5歳児は3日、6〜12歳児は2日、持続する。1〜2歳児が、発熱期間が最も長い。6カ月未満の小児では、発熱が見られないことがある。
 ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症では、咳嗽が全例に見られる(年齢により持続日数は異ならない)。65%の症例では、咳嗽の方が、発熱より早期に現れる。81%の症例では、解熱している6病日にも、咳嗽が見られる。
 ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症では、鼻水(鼻汁)は、咳嗽より遅れて、発熱後に現われることが多い。
 ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症では、発症5病日以内は、鼻咽腔拭い液中のウイルス量が多い(hMPV遺伝子量は1,000コピー/ml以上)が、6病日以降は、ウイルス量が減少する(hMPV遺伝子量は1,000コピー/ml以下)。ヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症では、解熱している5病日を過ぎると、排出されるウイルス量が殆ど無くなる(感染力が無くなる)。
 ヒトメタニューモウイルス(hMPV)の迅速抗原検出キットとしては、イムノクロマト法によりhMPV抗原を検出するSAS hMPV test(米国SA Scientific社製造)がある。
 ヒトメタニューモウイルス、インフルエンザ、RSウイルス、ライノウイルスなどの呼吸器ウイルス感染症は、発熱、咳、水様性鼻汁を伴うことが多い。マイコプラズマ感染症では、鼻水は、水様性鼻汁でなく、粘稠性鼻汁のことが多い(鼻閉あり)。
 ヒトメタニューモウイルスをイムノクロマト法で検出する病原体診断キット「チェックhMPV」(大蔵製薬、宇治市)が、平成24年(2012年)4月頃から、発売されると言う。「チェックhMPV」は、発熱2〜4日目が最も陽性率が高く、発熱5日目以降は、偽陰性が増える(ウイルスの排泄量が減少する)。「チェックhMPV」は、鼻咽腔吸引液の方が陽性率が高い(RSウイルスの迅速診断を同じ検体を利用出来る)。「チェックhMPV」は、保険適応がない(保険請求が出来ない)。
 小児のかぜ症候群(急性呼吸器感染症)の患児に関して、鼻咽腔PCR法にて原因ウイルスを検索した報告では、ライノウイルス(RV:34.9%)、ヒトメタニューモウイルス(hMPV:20.6%)、パラインフルエンザ3ウイルス(PIV3:17.5%)が多く検出され、次いで、RSウイルス(RSV)、ボカウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルスA/B、パラインフルエンザ2ウイルス、コロナウイルスが検出されることが多い。
 ライノウイルス(RV)は、学童を含めた各年齢層の小児に、春(梅雨時期まで)と秋とのニ時期に流行する(2峰性流行)。ライノウイルスは、喘息発作を誘発することが多い(34%)。
 ヒトメタニューモウイルス(hMPV)は、学齢前の小児(平均年齢2.7歳)に、4〜7月に流行する。
 パラインフルエンザ3ウイルス(PIV3)は、0〜1歳の乳児(平均年齢1.8歳)に、5〜7月に流行する。
 ライノウイルス(RV)は、発熱しない症例も多い(4割は37℃台以下)が、ヒトメタニューモウイルス(hMPV)やパラインフルエンザ3ウイルス(PIV3)は、発熱する症例が多い(6割は39℃以上)。他の型、特に、パラインフルエンザ2ウイルス感染症は、高熱の頻度が少ない(38℃以上の発熱は、9%の症例に見られるに過ぎない)。
 表3 疾患と熱型と発熱期間
 疾患  原因  熱型  発熱期間  潜伏期間  鼻汁  咳嗽
 インフルエンザ  インフルエンザウイルス  稽留熱〜弛張熱(二峰性発熱)  3〜7日  1〜3日  +  +
 川崎病(MCLS)  不明  稽留熱  1〜2週  不明  +  ±
 急性気管支炎  パラインフルエンザウイルス  弛張熱(39℃以下、下痢、嘔吐あり)  4〜5日  4〜5日  ±  +(咽頭痛)
 (喘息様)気管支炎  ヒトメタニューモウイルス  (咳の後に発熱する、2〜6月に流行)  4.7日  4〜6日  ±  +(下痢)
 細気管支炎  RSウイルス  弛張熱(飛沫感染、接触感染、鼻汁は粘稠)  3〜5日  4日(2〜8日)  +  +(喘鳴)
 サルモネラ胃腸炎  サルモネラ菌  弛張熱(非敗血症型の腸チフスは稽留熱)a)  3〜7日  6〜48時間  −  −
 若年性関節リウマチ  不明(自己免疫疾患)  弛張熱  数週  不明  −  −
 猩紅熱  A群β溶血性連鎖球菌  稽留熱  3〜7日  1〜5日  ±  −
 滲出性扁桃腺炎  アデノウイルス  稽留熱〜弛張熱(高熱)  3〜7日  5〜7日  ±  ±(湿性)
 水痘  水痘帯状疱疹ウイルス  稽留熱  1〜6日  14日(9〜21日)  −  −
 大葉性肺炎  肺炎球菌  稽留熱(WBC数↑、杆状核好中球↑)  数日  1〜3日  ±  +
 チフス性疾患  チフス菌、パラチフスA菌  稽留熱→弛張熱(比較的徐脈)a)  数週  10〜14 日(3日〜3カ月)  −  −
 伝染性紅斑(リンゴ病)  パルボウイルスB19  稽留熱(弛張熱の場合もあり)  数日  10〜20日b)  −  −
 伝染性単核球症  Epstein-Barrウイルス(EBV  弛張熱(扁桃腺炎、頚部リンパ節腫脹を伴う)  数週  2〜8週  ±  −
 突発性発疹  HHV-6、HHV-7  稽留熱(弛張熱の場合もあり)  3〜5日  約10日  −  −
 白色便性下痢症  ロタウイルス  稽留熱(嘔吐、下痢を伴う)  2日以内  48時間以内(1〜4日)  +  +
 風疹  風疹ウイルス  稽留熱(40〜60%)  1〜3日  2〜3週  ±  ±
 ヘルパンギーナ  エンテロウイルスc)  稽留熱〜弛張熱(扁桃腺炎を伴う)  3〜7日  3日(1週以内)  −  −
 ヘルペス性歯肉口内炎  単純ヘルペスウイルス  (稽留熱→)弛張熱(頚部リンパ節腫脹有り)  3〜6日  3〜12日  ±  −
 麻疹(はしか)  麻疹ウイルス  稽留熱(二峰性発熱)  7日  9〜12日  +  +
 マイコプラズマ肺炎  マイコプラズマ・ニューモニエ  稽留熱〜弛張熱CRP高くならず、比較的徐脈)  1〜2週  2〜3週(1〜4週)  −  +(乾性)
 流行性耳下腺炎  ムンプスウイルス  (稽留熱:WBC数は減少しリンパ球数が増加)  3〜5日  18日(12〜25日)  −  −
 a)サルモネラ胃腸炎では、弛張熱が見られる。チフス性疾患(腸チフス)では、第1病週(腸管リンパ組織内で菌が増殖し菌血症により全身感染する)に段階的体温上昇(39〜40℃)と共に、比較的徐脈、肝j脾腫、バラ疹が見られ、第2病週(腸管リンパ組織が壊死を起こし痂皮を形成する)に稽留熱が見られ、第3病週(腸管リンパ組織の痂皮が剥がれ潰瘍を形成し出血する)に弛張熱になり、腸出血や腸穿孔が見られ、第4病週(潰瘍などが修復される)に解熱する。チフス性疾患では、典型的には、病初期(第1病週)に白血球数が減少しリンパ球数が増加すると言われて来たが、第2病週以内に白血球数が正常か増加し、好中球優位(好中球の割合が増加しリンパ球の割合が減少する)のことが多い。
 b):ウイルス感染してから7〜9日後に発熱し(微熱)、更に、7〜10日後に、発疹(紅斑)が現れる。
 c):ヘルパンギーナは、エンテロウイルスでも、コクサッキーウイルス、特に、B群のコクサッキーウイルス(Coxsackievirus B)が原因で発症する。ヘルパンギーナは、エンテロウイルスでもコクサッキーウイルス(特にCoxsackievirus B3など)が原因で発症する。ヘルパンギーナでは、ヘルペス性歯肉口内炎の際の様に、口蓋垂の周囲にアフタ(潰瘍)が生じるが、ヘルペス性歯肉口内炎の際の様に、咽頭後壁に顆粒(リンパ濾胞)にアフタ(潰瘍)が現れることはない。また、ヘルパンギーナでは、滲出性扁桃腺炎を合併し、後に、口内炎が現れるが、ヘルペス性歯肉口内炎と異なり、歯肉炎や口周囲の水疱や、頚部リンパ節炎を合併しない。ヘルパンギーナは、鼻水(鼻汁)や咳(咳嗽)が現れない点が、アデノウイルス感染症との相違点。

 注2:正常時には、末梢血を流れているリンパ球は、活性化されていないので、光学顕微鏡で、血液標本を観察すると、小型の球状をしており、細胞質が小さく、核の占める割合が多い。
 伝染性単核症では、活性化され、芽球化したリンパ球(主に、EBV特異的CTL)が、末梢血中にも増加し、異型リンパ球(異型細胞)として見られる。
 なお、試験管内で、リンパ球を培養し、レクチン(PHAなど)や、サイトカイン(IL-2など)などで活性化させると、リンパ球は、芽球化(Blast formation)を起こす。そのように活性化されたリンパ球は、標本にして観察すると、異型リンパ球として認められるが、生で(37℃の培養シャーレに入れたまま)、倒立顕微鏡で観察すると、釣鐘状に、頭部と足(偽足様の突起)を有する形に、見える。
IL-2で長期培養したCD4陽性T細胞株の標本
 ヒト末梢血単球は、FMLP(N-formylmethionyl-leucyl-phenylalanine)や、LPS(lipopolysaccharide)を培養液に加えると、遊走が刺激され、仮足(膜状仮足、桿状突起、棘状突起、Knob-like tail)を出して、運動能を現わし、移動(遊走)する(移動速度は5μm/min程度)。
 IL-2は、単球の運動能に影響を与えない。TNF(腫瘍壊死性因子)は、単球の運動能を亢進させ、IFN-γ(インターフェロン-γ)は、単球の運動能を低下させる。

 ステロイド剤(コハク酸プレドニゾロンナトリウム)は、recombinant IL-2(1U/ml)を用いて、長期培養中のT細胞(Tリンパ球)に添加すると、生細胞数と、標的細胞障害活性が、減少する:ステロイド剤が、10-8〜10-9Mの濃度では、生細胞数は有意に減少しない(Tリンパ球の増殖を、有意に抑制しない)。しかし、標的細胞障害活性は、10-8〜10-9Mの濃度でも、抑制される(10-9Mが、生理的な組織中濃度と言われる)。

 参考文献

 ・宮坂信之、他:わかりやすい免疫疾患 日本医師会雑誌 特別号(1) 生涯教育シリーズ−67、2005年.
 ・谷口克、他:標準免疫学(第2版、医学書院、2004年).
 ・藤原成悦:EBウイルス感染症をめぐる新しい状況と研究の進展 (第108回日本小児科学会学術集会 教育講演) 日本小児科学会雑誌 109巻12号、1417-1424、2005年.
 ・岡崎実、他:ヒト、末梢血単球細胞運動の直接観察法(第1編) ヒト末梢血単球細胞運動の基礎的検討 日本小児科学会雑誌 100巻3号、577-783、1996年.
 ・西野泰生、他:最近5年間における滲出性扁桃炎の病原検索成績 小児科 Vol.33 No.12、1657-1662、1992年.
 ・小島三千代、沼田美香、石澤志信、高柳玲子、生方公子:鼻咽腔PCR法により検出された呼吸器ウイルス陽性例の臨床像の比較検討、日本小児科学会雑誌、Vol.111 No.2(第110回日本小児科学会学術集会抄録)、173頁(2007年).
 ・佐久間孝久:アトラスさくま(小児咽頭所見 ATLAS SAKUMA)、2005年8月第1版第1刷発行(2006年5月第1版第3刷)、株式会社メディカル情報センター.
 ・板垣勉、松嵜葉子:ヒトメタニューモウイルス感染症の臨床経過とウイルス排出期間の検討、日本小児科学会雑誌 115巻4号、782-787、2011年.
 ・小泉茂樹、大里外誉郎:EBウイルスとその感染症、特集 ヘルペスウイルス感染症、臨床と微生物、87-73頁、1985年9月号、Vol.12 No.4(隔月刊、通巻46号)、昭和60年9月25日発行、近代出版.
 ・M. Yanagisawa, et al: Defective generation of killer cells against spontaneously Epstein-Barr (EBV)-transformed autologous B cells in a fatal EBV infection, Clin. exp. Immunol. (1987) 68, 251-258.

 ・Mitsuhiko Yanagisawa M.D.: Analysis of Killer Cell Activities in Epstein-Barr Virus Infections, Pediatrics International (Acta Paediatrica Japonica, Societas Paediatrica Japonica), Volume 29, Issue 6, pages 815-823, December 1987.

 |トップページ脂質と血栓の関係ミニ医学知識生化学の知識医学の話題小児科疾患生命の不思議リンク集

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO